「樹海考」 感想

投稿者: | 2019-10-19
著者 : 村田らむ
晶文社
発売日 : 2018-07-27



樹海の地勢とか植生とか学術的な解説を期待してたわけじゃないんだけど、思ったより軽い内容だった。

敷居を低くという思惑もあったのか、前半は樹海というか富士山麓の観光案内風。で、徐々にディープになっていく。自殺のメッカであるのは間違いないらしい。

実はコンパスは利く、植生が貧弱なので森が明るい、トレッキングの延長で歩ける、などのティップスは面白かった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

引用ナイト

投稿者: | 2019-10-19

札幌交響楽団、第623回定期演奏会@Kitara。
10/18の夜公演です。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ハヤブサが守る家」 感想

投稿者: | 2019-10-16
東京創元社
発売日 : 2013-10-31



映画「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」の原作。
映画の原作を読んでみるシリーズですな。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「本日のご遺体」 感想

投稿者: | 2019-10-11
著者 : 永井結子
祥伝社
発売日 : 2009-06-12



納棺師の女性によるエッセイ集。ブログ記事が基になっているとのこと。

仕事の現場で起こった・考えたあんなことやこんなことを綴る。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「あなたの人生の物語」 感想

投稿者: | 2019-10-09
早川書房
発売日 : 2003-09-30



SF短編集。

映画「メッセージ」のなかなか深い世界観がよかったので、原作も読んでみようと思って。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「スティール・キス」 感想

投稿者: | 2019-09-28
文藝春秋
発売日 : 2017-10-30



リンカーン・ライムシリーズ#12。早いもので、前作(スキン・コレクター)を読んでから2年も経ってしもた。

IoTの殺人。アップトゥーデートな話題を上手く取り入れた。

ライムの「引退」を始め、4つの軸線(ライフストーリー)が交錯する。究極のアームチェア・ディテクティブの設定も限界が近いのかな、という感じがする。セリットーやデルレイなどおなじみのメンバーもチョイ出ながら復活。

読後爽快感(各伏線の鮮やかな回収)はサスガ。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

一生に一度だ!

投稿者: | 2019-09-22

ラグビーワールドカップ日本大会、「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」という迫力あるキャッチコピーに惹かれて、行ってきました札幌ドーム。

ラグビー生観戦は20年ぶりです^^;

  • 試合はイングランド対トンガ。世界ランキングは3位対15位。
  • 上の画像は、トンガが伝統の「シピタウ」を披露しているところ。
  • 席は、最上部に近い(後ろから3列目)。遠いぜ~。お一人様1万円まんえんなのに・・・w
  • 札幌ドームで悪名高い急な階段とかも満喫。トイレ行って帰って来たら息上がってるし。あと食べ物屋台の長蛇の列、もう少し何とかならんか。(と思ったら、悪評ふんぷんだったらしく食品の持ち込みは可となった)
  • 試合はあまりパッとしなかったけど(トンガは明らかに劣勢、見せ場はあったけど単調な攻めに終止)、イングランドから乗り込んで来たサポーターの盛り上がりとか、雰囲気は大いに楽しめた。
  • チケット買ったのは1年以上前(去年の5月だ)なんだけど、こんなに(世間的にも自分の気持ち的にも)盛り上がるんだったら、国旗シールとかレプリカユニフォームとかを事前に買っとくんだった!と軽く後悔。
  • ラグビー、ルール的にも戦術的にも、昔とずいぶん変わっていますね。体型的にも・・・w パント処理でもリフトアップするとか、インジャリータイムがなくなった?とかね。

昔を思い出して、期間中はなるたけTV観戦してみたい。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

転生ナイト

投稿者: | 2019-09-20

札響第622回定期演奏会@Kitaraです。(9/20夜公演)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「サキ傑作集」 感想

投稿者: | 2019-09-08
著者 : サキ
岩波書店
発売日 : 1981-11-16



奥付を見ると、どうも30年くらい前に買った本らしい^^;

なぜ読もうと思ったのかすでに忘却の彼方だったけど、約200ページくらいの中に20話くらい載っている目次を見て思い出した。星新一とかの流れで、海外の「ショートショート」ということで関心を持ったのではなかったか。

著者はイギリスの人。O.ヘンリなんかと並び称される短編の名手だが、O.ヘンリなんかと比べると皮肉っぽく、陰影に満ちた結末が待っている。

短編というか、どんでん返しのミステリー集という趣であった。古めの本だけど面白かった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「地球で生きている」 感想

投稿者: | 2019-09-05
海竜社
発売日 : 2015-05-12



ヤマザキマリさんシリーズ。エッセイ集。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)