前衛ナイト

投稿者: | 2019-03-16

前衛って死語ですか?^^;

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

(10) ヒラフ クモリ 3℃

投稿者: | 2019-03-09

フツーに花園スタートのつもりで行ったら、強風で運行見合わせですと。南(横)からの風だなあ、きっと。気温上昇→ガスかもとは思ったけど、風は全然アタマにありませんでした。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

(9) 花園 ハレ -8℃

投稿者: | 2019-03-03

気温が低いのは、放射冷却というヤツですね。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

ラヴェル・ニュイッ

投稿者: | 2019-02-16

札響、第616回定期演奏会です。
(2/15夜公演)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

「すごい宇宙講義」 感想

投稿者: | 2019-02-11
著者 : 多田将
イースト・プレス
発売日 : 2013-06-29



著者は素粒子物理学の人。宇宙物理学者や天文学者ではないけど、かつて暗黒物質の研究をしていたという。

ブラックホール、ビッグバン、暗黒物質とは何か? を講義(というかカフェで講演)した内容を本にまとめたもので、書くと喋るの違いなのか、著者さんも言うようにどうしてそう考えられているかの「考え方」を語っているからなのか、とにかくめっぽうわかりやすく「宇宙の今」を教えてくれる。

ヘタうま系?の挿絵も秀逸。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

[8] イワオヌプリ クモリ -12℃

投稿者: | 2019-02-10

土日1泊でニセコスキーです。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

「春になったら莓を摘みに」 感想

投稿者: | 2019-02-05
著者 : 梨木香歩
新潮社
発売日 : 2006-02-28



梨木香歩さんシリーズ、4冊目。

著者のイギリス留学時代以来の知人(大家さん)や、取り巻く人々とのやりとりが軸。

最初、あれ、エッセイだよね? え、小説? と迷子になったような気がするほど、登場人物たちの心の動きまで写し取るような観察や感情移入がすごい。

タイトルの意味は最後に出て来る。懐かしい人との思い出の深さに胸打たれた。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「望遠ニッポン見聞録」 感想

投稿者: | 2019-02-02
幻冬舎
発売日 : 2015-08-05



最近ヤマザキマリさんに嵌まっている・・・というか、巻き込まれているw

長く海外で暮らすと、日本のヘンテコリンなところが見えてくるんだという。(日本人の常識から見た外国人のヘンテコリンさも際立つわけだけど)

すする音(ソバだけじゃなくて鼻水とかも)、往来でしゃがむ行為、アルカイックスマイル(肉親への素っ気ない態度、感情の欠如)等々が理解しがたいとか。

また、イタリア人すらビビるブラジル人のバイタリティーには、読んでるだけで私もビビりました。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

バーメルト・ナイト

投稿者: | 2019-01-27

札幌交響楽団、第615回定期演奏会です。
(1/25夜公演@Kitara)

首席指揮者マティアス・バーメルト氏、今季3度目の登場。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (4)

「植物はすごい」 感想

投稿者: | 2019-01-22
著者 : 田中修
中央公論新社
発売日 : 2012-07-24



なぜ柿は渋くて甘いのか。なぜバナナは皮が黒くなるのか? なぜトリカブトには毒があるのか? ミカンにはなぜ種がないのか? 等々、「すごい」をキーワードに、さまざまな植物が持つ奇想天外な生存戦略を探る。

すごいすごいを連発してすごさを語るのはどうかな・・・と読みながら思ってしまった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)