(7) 花園 クモリ -7℃

投稿者: | 2019-01-20

一泊の2日目。

気温が上がるということだったけど、放射冷却か朝は冷え込んでいましたね。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

[6] ヴィーナスの麓 クモリ -4℃

投稿者: | 2019-01-19

「ヴィーナスの丘」って言うよりなまめかしい気がするのはオレだけ?(笑)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

(5) 花園 ハレ -4℃

投稿者: | 2019-01-12

さてさて、3週間ぶりの滑りです。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「りかさん」 感想

投稿者: | 2018-12-26

梨木香歩さんシリーズ。

3つの短編からなる本です。
一つ前に読んだ「からくりからくさ」の前後譚で、これも女性の世界の物語ですね。

最初の2編は、主人公ようこ(まだ「蓉子」ではない)が少女で、日本人形の「りかさん」と出会う頃のお話。

寄せ集めの雛飾りを始め、なかなか難しい人形たちの固く絡まった人生?を、ようこがりかさんの力を借りながら解きほぐして行きます。

人形と話をするというのは、ファンタジー、またはスピリチュアルに思えるけど、感じやすい女の子には普通にできることなのかもね・・・と思った。

りかさんと、ようこの祖母・麻子さんがことのほか魅力的。
若い女じゃなくてやっぱおばあちゃん、ベテランの凄みさえ感じます。こういうおばあちゃんにならないと・・・!(男だけど)

3編目は、「からくりからくさ」直後の話。

女性にとって赤ん坊とはどういう存在なのかを描く。男の読者としてはやはり濃厚っていうか、生々しさを感じますねー。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

(4) 花園 ユキ 0℃

投稿者: | 2018-12-22

弱い冬型で、明日よりは多少ユキがあるじゃろう、と思って土曜出撃となりました。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「悪魔の涙」 感想

投稿者: | 2018-12-20

「ドンデン返しの大達人」ジェフリー・ディーヴァーのノン・シリーズの小説。と言いつつ、例のリンカーン・ライムもチョイ役で「カメオ出演」している。ライム、好きだねェ。

主人公は引退した捜査官で、これまたシリーズもの(「キネシクス」のダンス)を彷彿とさせる、科学的文書/筆跡鑑定の専門家であります。筆跡や遺留物の微細証拠から犯人の来歴や犯行現場を割り出してしまうという、またまたスーパーな設定が読みどころなわけです。

「悪魔の涙」とは、「i」の上部が飛び跳ねている筆跡の特徴をいう。

それから、悪魔的に頭のキレる犯人が、早々に事故死してしまうのが最初の驚き。お得意の驚き(ドンデン返し)の罠が随所に仕組まれています。あとは読んでのお楽しみ、といったところ。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「十二人の怒れる男」 感想

投稿者: | 2018-12-17

シドニー・ルメット監督、1957年、アメリカ。

かねて見たかった映画。

ある殺人事件を巡って、12人の陪審員たちが評議を始める。全員一致で「有罪」ならば、犯人とされる青年は死刑宣告を受ける。陪審制度の「正義」とは何かを描く。

事件の背後にある「事実」をあぶり出す話なのかなと思っていたんだけど、そうではなく、裁判の疑義を浮かび上がらせる話だった。つまり、「疑わしき」を有罪にしてはいけない、ということである。

密室と、名も知らぬ同士の12人の男(女性は出てこない)。不思議な連帯と反目があり、底には一定の緊張感が流れる。

そして侃々諤々の議論の末、最初ただ一人だった「無罪」の意見は、ついに全員一致の結末を見る。

さてしかし、犯罪は事実行われ、犯人は紛れもなくその青年だったかも知れない。そこが悩ましいところで、とにかく最初に疑義を指摘した一人(ヘンリー・フォンダ)の勝利では決してないのである。

お話は一応すっきりと収まって終わる。だけど後味はすっきりでは終わらない。

*

犯人役の青年は、冒頭に一瞬出て来て目だけの演技をするんだけど、これがなかなかイイ。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

(3) 花園 クモリ 0℃

投稿者: | 2018-12-16

気温、上がりました。

でも、雨予報だねえ・・・。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

(2) 花園 ユキ -6℃

投稿者: | 2018-12-15

今日あたりから気温が上がるかと思ったけど、着いてみたらほとんど先週と変わりませんでした。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「カッコーの巣の上で」 感想

投稿者: | 2018-12-10

ミロス・フォアマン監督、1975年、アメリカ。

ジャック・ニコルソン扮する小悪党マクマーフィーが、ある日、詐病を疑われつつ刑務所から精神病院へ移ってくる。

マクマーフィーはすぐに、自分も含めた「患者」たちを抑圧し不自由を強いる病院側スタッフに対して反発するようになるが、その不自由は、実は「患者」たち自身の内にあるものだった・・・。

これもまた、タイトルに複雑な含みがあるようである。

カッコーと言えばまず托卵を思い浮かべるが、では誰がカッコーで、誰が宿主なのか。それは舞台そのものなのか、誰かの内面なのか。「巣の中のカッコー」という熟語なら、「集団の中に入り込んだ異質な存在」という意味があるそうな。ならばマクマーフィーはまんま当てはまるんだが。
また、精神病院をズバリ「カッコーの巣」と言う場合があるそうだ(蔑称らしい)。この表現はマザーグースにもあって、「三羽のガチョウがいて、一羽は東へ、また一羽は西へ、そして一羽はカッコーの巣の上を飛んでいた(=気が触れてしまった)」という。三羽は、誰の投影なのか。「裏切り」の挙げ句自殺するしかなかったビリーが絡むのか。
さらに、その歌は「インディアンのわらべ歌」というそうな。ならばこれはネイティブアメリカンの登場人物・チーフの物語であったのか。チーフがカッコーで、そのインキュベーターがマクマーフィーなのか。

なかなか、一筋縄では行かなそうだ。

最後、窓を打ち破り(殻を打ち破り)、自由という名の暗闇の中へ消えていくチーフ。その行く手には朝の明るさなどはまったくない。音のないエンドロールが重なっていく。

1960年代(原作発表時)のアメリカというのも踏まえて考えれば、テーマは「自由への道」「拘束・束縛への反旗」ということにはなるんだろう。でも、自由とはなんなのか? 不自由や束縛はどこにあるのか?(実は自分自身ではないのか?) という問いを突きつけられてもいるようであった。

重い映画だった。

しかしジャック・ニコルソン、オレ的には「イーストウィックの魔女たち」とか「バットマン」のキワ物・妖怪俳優のイメージが強かったんだけど、凄い演技者であることが分かった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)