カガクの子」カテゴリーアーカイブ

「誤解学」 感想

投稿者: | 2018-09-19

「誤解」とは何か、なぜ誤解は生じるのか、を「数学的」に考察する本。 著者は東大の先生で、渋滞学、無駄学などの著書もあり、分類癖、分析癖?があるらしい。 確かに純化して法則を発見し、次の経験に役立てるという「数学的」視点は… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「生物から見た世界」 感想

投稿者: | 2018-08-06

時々こう、思うんだけど、例えば、高いところにあってカミさんが届かないものに、身長差でオレは届いたりするでしょう。身体感覚が違えば空間認識も違う。認識が違えば精神形成ももちろん異なる。自分と他者との違いって、そういう抜本的… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

「ビューティフル・マインド」 感想

投稿者: | 2018-07-21

ロン・ハワード監督、2001年、アメリカ。 ゲーム理論やナッシュ均衡という言葉で一般には知られている数学者、ジョン・ナッシュ氏の伝記映画。 優れた数学的才能を持ち、念願叶って入った研究所で「数学界最大の難問」に取り組むう… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「微生物の話」 感想

投稿者: | 2018-07-18

カビとか麹とかの微生物の話。 有益な微生物が多いことは意外に知られていない・・・という前振りから始まる割りには、カビなどの病原菌の話が主体となっている。 1982年刊だから、ちょっと古い。著者もご存命なら100歳ちょうど… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「数学ガール」 感想

投稿者: | 2018-05-20

高校生の「僕」と2人の数学ガールが、あーだこーだと言い合いながら、フィボナッチ数列など数学の問題に取り組むお話。 18世紀の大数学者オイラーを「われらの師」と呼び、素数や絶対値、方程式・恒等式・不等式・因数分解、母関数や… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「天才の栄光と挫折」 感想

投稿者: | 2016-09-24

ガロワ、関孝和、チューリングといった数学の天才たちの逸話。 実際に現地を訪ね、その様子も交えるなど、よい紀行文でもある。(サスガ新田次郎氏の子息) ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「エンジンの科学入門」 感想

投稿者: | 2016-09-16

チェンソーなんかを扱うに当たって、エンジンの構造や、チョークってなに?キャブってなに?という基本が知りたくて読む。役に立ったような立たなかったような。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありま… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「火の科学」 感想

投稿者: | 2016-05-25

大学教養課程くらいの、燃焼に関する教科書。 ハイブロウすぎて面白くはなかった^^; ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (0)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「猫のゆりかご」 感想

投稿者: | 2012-12-14

さー、久々にハードSFでも読んでみるか!と手に取ってみたら全然違った、という本。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (0)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「黄金比はすべてを美しくするか?」 感想

投稿者: | 2012-06-01

黄金比というのは、「1:1.618…」という比率のことで、これに則った美術品や建築が最も美しいとされ、ピラミッド、ギリシャ建築からダ・ビンチの作品、果てはデジタルカメラにまで採用されている…という触れ込みの数学的神秘なの… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)