森活」カテゴリーアーカイブ

「古木の物語」 感想

牧野和春氏の巨樹の本、もう一冊。 古木の物語―巨樹信仰と日本人の暮し 今度のはさらに民俗・宗教方面へ巨樹・古木周辺を掘り下げたもので、修験者たちのメンタリティーや木喰上人の足跡、妙好人と呼ばれた稀代の念仏家の生涯など、そ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「巨樹と日本人」 感想

牧野和春さんシリーズ。 巨樹を前にすると、どうも人は心揺さぶられるようで・・・。 続きを読む » 巨樹と日本人―異形の魅力を尋ねて (中公新書) 冒頭に「言問のマツ」が出て来て、こりゃ前に読んだ本とカブったかと… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「巨樹・名木巡り(北海道・東北)」 感想

巨樹・名木巡り〈北海道・東北〉 全国の巨樹・名木をめぐる紀行、その北海道・東北編。 北海道では、おもに「北海道記念保護樹木」のリストから採られているようで、なかなか面白い木が並んでいます。特に冒頭の「言問のマツ」が目を惹… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ニセアカシアの生態学」 感想

ニセアカシアすげー!ってなる本。 続きを読む » ニセアカシアの生態学―外来樹の歴史・利用・生態とその管理 ニセアカシアの研究者や地方自治体など行政関係者らによる論文集で、刊行時点でのニセアカシアをめぐる功罪が… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

蚯蚓 (「ミミズと土」 感想)

わが家の庭にはミミズがいない。 少なくとも庭主さんは、そう言っている。 ミミズは大事だ。 土を攪拌し、有機物を生み出してくれる。死してまた良質な肥料となる。 今年、初めて家庭菜園をやっているのだが、作物の「生り」が今いち… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (4)