Home > ログライフ > 木活 Archive

木活 Archive

木工 (第一次まとめ)

木工の話が続いているついでに、これまでに作った主なものを(恥ずかしながら)まとめておきたいと思います。

これは昨年も書きましたが、「作品1」、薪作り用のウマでやんす。

ちと小さすぎた(後述)。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (4)

「2x材木工入門」 感想

木工の学習シリーズ。

ツーバイ材の取り扱いに特化した、学研のDIYシリーズの1冊です。

取り扱いそのものについては全ページの1/3ほどだし(あとはマイク真木さんの木工生活紹介、プロによる作例など)、技術や道具もおおむね知っている内容だけど、ツーバイ材をいささか触ったあとだけに、さらに工作ゴコロが刺激される本ですね。

塗装のいろいろとか、こんなものまでツーバイで作るのかーとか、アラレ接ぎ用の専用電動工具があるのかーとか(いえ、買いませんよ・・・(笑))、そんな辺りが興味深かったです。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

木工沼その2

木工にハマっているということは何度か書いて来ましたが、病が高じて、我ながらわけのわからない物を買ってしまいました・・・。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (5)

大散財(木工沼)

木工にハマっているということは何度か書いて来ましたが、病が高じて、我ながらあり得ない大物を買ってしまいました・・・。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (6)

「はじめての木工」 感想

近ごろ木工工作にハマっておりまして、研究にも余念がないわたくし。

新版 はじめての木工 (学研ムック DIYシリーズ)

出版社:学習研究社( 2011-07-07 )

ムック ( 145 ページ )


あれ、この本、前に読んだ? と思ったら、ここらへんと内容がカブっているのであった。違う本ではあったけど、既視感が半端ない。

でも実際に木に触って切ったり貼ったりしてみると、改めて疑問も納得も湧いてくるし、そこでまた理屈に戻ってみるとより話が分かる。という意味でこの手の本は繰り返し読めばいいと思うので、まあ問題はないです。

作例などの写真を穴のあくほど眺めていると、さすが上手に作るなァという面と、この辺は意外に粗いなァという面があって、いろんな意味で勉強になります。

皿取りドリルとかダボピンとか、気になる道具も出て来たりして。

前のエントリーでは「きれいな家具を作る予定はない」なんて書いているけど、だんだん深入りしたくなっちゃいますね。ハマるとはそういうこった(笑)。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

はじめての木工工作

中学の時に、スツールかなんかを作って以来だナ。(←「はじめて」じゃないじゃん(笑))

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

「手作りウッドデッキ入門」 感想

アマゾンのサーバエラーかもしれません。再読み込みしてみてください。

ウッドデッキは、自分がやりたいことから見ると大幅にオーバーヘッズなんだけど、要するにツーバイ材の取り扱いについて知りたいと思って手に取った。

特に知りたかったのは沓石(基礎)の置き方、水平の出し方、コーススレッド(木ネジ)のサイズの選び方、塗料と塗装の仕方などなど。本だから大括りの理解ではあるけど、おおむね満足。

ツーバイ材はホムセンで安く買えるし(あまり安いのは規格が大雑把だったり狂いが生じやすいという話もある)、加工もしやすいし、いろいろ使い勝手がいい素材。なにかと作りたくなっちゃうかも。

まずは、ウマ(作業台)をツーバイ材で作る金具が面白い。これはぜひ買いたい。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「DIY木工上達テクニック」 感想

木工本をもう一冊。

家具職人の人が、いろいろな実例を交えて木工のテクニックを教えてくれるムック本。

ホゾとかダボとか、トリマーとかサシガネとか、家具づくりを踏まえて、木の扱い方や道具の使い方などがわかりやすく・・・と言っても言葉だけじゃよくわかんないなーという部分もありつつ・・・書かれている。
きれいな家具を作る予定はないんだけど、墨付け、切断、接続など、木工に関する基本的課題についてかなり勉強になった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「木工 用具と使い方」 感想

「木工」用具と使い方 (初級技法講座)

著者/訳者:木好会

出版社:美術出版社( 1994-12-16 )

単行本 ( 111 ページ )


こういう本は買ってもなあ・・・と思い、図書館へGO。

鋸や鉋などの伝統工具はともかく、20年前の本となるとやっぱり古さを感じますね。電動工具は圧倒的に進化してるし、なかなか手に入らないと書かれている材料はホムセンでフツーに売っているし。

でも、基本のキの字としてはヨカッタ。
樹種による特性の違いや、むかーし技術家庭で習った気もする柾目とか木目とか、一辺7.5cm以上を角材という等の用語の解説は面白かった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「清く正しい本棚の作り方」 感想

清く正しい本棚の作り方

著者/訳者:(TT)戸田プロダクション

出版社:スタジオタッククリエイティブ( 2009-11-28 )

単行本 ( 199 ページ )


木工の基本知識をちょっと入れたいなあと思って本を物色していて、「清く正しい・・・」という異色げなタイトルが気に入ったので読んでみた。
したら、人気ブログを書籍化した、いわゆるブログ本なのだった。ちきしょう!

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

Home > ログライフ > 木活 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top