ヤマの本」カテゴリーアーカイブ

「よいクマわるいクマ」 感想

投稿者: | 2018-08-27

のぼりべつクマ牧場での勤務を皮切りに、ヒグマと深く関わって来た著者(前田菜穂子氏)による、ヒグママニュアル。 ヒグマの生態をつぶさに観察し、「対話」を重ねたからこその具体的な教えや対処法が興味深い。 「よいクマわるいクマ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「野生動物痕跡学事典」 感想

投稿者: | 2017-03-13

北海道の野生動物を同定するための、糞や(雪上などの)足跡、行動痕の見方。 学術的な本だけど、こういうのが分かったらヤマ歩きの幅が広がりそう。ヒグマとの共存への提言や、剥製標本の作り方なども面白かった。 ※独自の「いいね」… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ヒグマそこが知りたい」 感想

投稿者: | 2017-01-25

長く林野庁に勤めた著者による、ヒグマとどうつきあうかの本。 山の領主はヒグマである(人間ではない)という大原則から出発し、クマに出会わないために、出会ってしまった時にどうしたらいいかを説いて行く。 死んだふり有効論者であ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「猟師の肉は腐らない」 感想

投稿者: | 2017-01-09

故郷の山で暮らす旧友を訪ね、4~5日間、ともに山河に遊んだ記録である。 ドジョウだ、兎だ、猪だと獲っては食いまくり、どぶろくを飲みまくる。そして山の暮らしの奔放さに舌を巻き、知恵の深さを思い知る。 「違法行為」もそのまま… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「旅をする木」 感想

投稿者: | 2016-06-01

「旅をする本」というのがあるそうで。いつぞや、NHKのドキュメンタリー番組でやってた。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (3)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

「山を読む」 感想

投稿者: | 2015-08-15

去年「姉妹本」を読んだ時に、続けて読んでみようと思った本。(1年以上経っつまった) ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (2)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「百年前の山を旅する」 感想

投稿者: | 2014-07-19

日本登山の黎明期に木暮理太郎や田部重治がたどった道や、かつて若狭湾から京都まで鯖を一気呵成に運んだ道、加賀藩士らが巡視のために歩いた立山の裏道などなど、忘れられた歴史上の道を、できるだけ当時の装備で歩いてみようとした記録… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「大人の樹木学」 感想

投稿者: | 2014-05-08

まえがきにこうある。 「この本でお話する樹木の物語は、木の視点で考えた樹木たちの生き様です。」 「身近な存在なのに知られていない木の生き方をご一緒に考えていこうと思い書いております。」 以前「植物はなぜ5,000年も生き… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

「森を読む」 感想

投稿者: | 2014-04-29

森の本の紹介ではなくて、森の諸相を読み解くための指南本。 照葉樹から落葉広葉樹、針葉樹まで、森をかたちづくる代表的な樹種がいくつかあるが、それらがどのように分布するものかについて概観する。空間(緯度)的な広がりだけではな… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)