風不死岳(北尾根ルート)

投稿者: | 2013-07-14

カミさん都合でソロ。

今日もまた暑くなりそうだし、ソロなので、これまで2~3回提案してその都度却下されて来た樽前山をサクっと歩こうというプラン。

※混んでいる、日差しを遮るものがない、などが却下の理由(^^;。

写真は、支笏湖トイメンから見た本日の樽前山と風不死岳。

とーころーが、樽前山7合目へ続く林道の入り口には、管理のおじさんが仁王立ちになっていて、なんとクルマの待ち行列までが。ヒュッテ付近は満車とのこと。

すかさずクルマを返す。

あとこの辺なら、風不死岳北尾根か、イチャンコッペか、少し先まで行ってホロホロ山か…。意外に引き出しあんじゃんオレ、といい気になりつつ、最初に思いついた(と最も近い)風不死岳(1,102.4m)北尾根ルートへ向かうことにする。ちなみに恵庭岳は、登山口をチラ見した限りではクルマがあふれそうになっていたのでパス。

ところで、写真の林道入り口に向かう途中で、友人のライダー夫婦と偶然すれ違う。対向した時は黒いスーツの2台が来るなーとしか思わなかったんだけど、すれ違ったあとバックミラーでテールビューを見たところではっとした。あれ? もしや? と思っていたら、あとでしっかり「すれ違ったよね?」というメッセージが入っていました(笑)。

ま、ともあれ風不死岳の登山口。

クルマは1台しかいなかった(笑)。

このルートは昨年に続き2度目だが、意外によく踏まれていて歩きやすい反面、なかなかの急登と、熊の巣だというホマレも高い野趣あふれる感じが素敵なのである。

一人だとついオーバーペースになってしまう(マイペースがオーバーペースって一体…)。ゆっくりゆっくり。

下の方はさすがに蒸し暑かったが、8~9合目くらいからは時折いい風が吹き抜けるし、なにより支笏湖と外輪山、羊蹄山(写真)などの眺めが絶好。

時々立ち止まって、すっかり見惚れましたよ。

暑いし急登だし今日は思わぬ長歩きになるなーと覚悟していたら、1時間半でピークに着いてしまった。息も切れるわけだ(笑)。

絶景を眺めながらの間食は、ことさらに旨かった。

20分ほど景色を堪能したあと、来た道を戻る。

写真は、いかにもフップシ(トド松がいっぱいある、の意)な登山道。

下山も順調で、1時間余りで駐車場着。

写真は、本日の拾得物(ゴミ拾い)。

どちらからいうとマイナールートだと思うけど、意外な豊漁であった(笑)。

*

札幌へとって返して昼飯。豚骨ベースに肉や魚介など具だくさんの冷やしちゃんぽん@宮の沢いちまるさん、である。

近ごろはこういう、工夫された冷やしラーメンが増えてきて嬉しいなあ。

*

過去の風不死岳:
2012/8/25
2006/6/18

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

風不死岳(北尾根ルート)」への2件のフィードバック

  1. teton

    あんな偶然ってあるもんですね。
    車のナンバー見てすぐわかりましたよ。

  2. HY 投稿作成者

    こちらは危うく見逃すところでしたw 次回は手、振ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください