積丹岳

投稿者: | 2013-09-22

9月21日、秋の陽光に誘われて積丹岳(1,255.2m)に行ってきました。
2005年以来、8年ぶり2度目の訪問。

6時起きして登山口(マップコード775.739.392*88)を目指す。

9時過ぎに着いてみると、クルマがすでに6台ほど停まっていました。

写真は登山口にある「休憩所」。なかなかリッパな建物です。「上級者向け」ではありますがトイレもあります。

休憩所の内部。奥の方に、キツネもいますね・・・(^^;(剥製ですよ)。

よく山小屋にあるような湿っぽさはなくて、なかなか快適そうでした。

休憩所の中にある入山届に記入をして、9:15、出発。

最初の角を曲がったところで、カミさんいきなり転倒。粘土質で滑りやすいので要注意ですね。

ほどなく、三合目の標識に出くわしました。

この標識は前回来たときにはなかったと思うんですが(木に取り付けたタイプのはあった)、やや単調な登山道の中でよい道しるべになってくれます。

道はほぼずっと平坦で、登山道というよりはトレイル。単調ではあるのですが、こう黙々と歩を進めるのも嫌いではありません。

ときどき、沢越えや倒木越え、写真のようなシラカンバ林(くぐったりまたいだり)が現れてアクセントをつけてくれるわけですが、全体に難所も急登もなく、歩きやすい道が続きます。

9合目まで来ました。

どうも腹が減ったということで、ここで恒例のバナナ。なまら旨かった。

12:10、山頂着。

標準タイムが3時間20分ということですから、だいぶ快ペースでした。

ま、テン泊装備に較べたらカラ身みたいなもんだからね。

三角点(3等:積丹岳)にタッチ。半分ほど欠けてしまっています。

風が強く、じっとしているとどんどん寒くなって来るので、ちょっと降りた草かげで腹ごしらえ。今日はお湯をわかしてα米のピラフなど。

ガスが沸き上がって来て余別岳方面は見通せませんが、なかなか雄大な景色が広がっています。

前回来た時は夏のさなかだったせいもあって、暑いわ、虫には悩まされるわ、おまけにピークはガスでなんも見えないわとさんざんな思いをしたイメージしかなかったんですが、今回はなかなか楽しませてもらいました。

ちなみにこの日女性はカミさん1人だったモヨウ。途中すれ違ったおぢさん達に大層喜ばれていました(笑)。

*

過去の積丹岳
2005/7/31

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください