[18] 目国内岳862ポコ ハレ

投稿者: | 2014-02-25

高目安定の朝ごはんをいただいて(久々に二杯飯)、その足で出かけます。
以下、2/23の記録。

出発時に新見温泉ホテルさんを振り返る。ここは冬季通行止めの道路のドンツキなんだが、毎年、除雪の具合が違っていて面白い。

どうせ新雪ないでしょ?とか言いながら、今日はまったり、途中のポコまでの予定。

ところがどっこい、大粒の雪が静かに降っていて、昨日よりさらにいい感じで積もっている。今日辺りから高気圧が張り出して来るはずなのに、単純には行かない。さすがニセコの奥座敷。

そんな中でも、先行ラッセルは今日もばっちりだった(皆さまスイマセン、ありがとうございます)。

本日のシャクナゲ岳。この頃になると青空も覗き、山の景色と静けさを大いに楽しみながら歩く。

約2時間でポコ着。宿で淹れてもらった番茶の旨いこと。

ところでGPSのOregon 650TCJだが、途中で電池が切れてしまった。つまり、2日は保たなかった。

こういう時に限って予備の単3電池を忘れてしまい(単4は持っていたが、単3への変換アダプターも忘れた^^;)、カミさんの無線機のを拝借して対処。次回からちゃんと用意すること。

さて、ドロップすると、これがなんとなんとの雪質。軽いのにしっとりとした、絶妙の反発である。

感触だけで行ったら過去ベストと言ってもいいんでないかなあ。

ほんとに思わず、声、出ました。

写真はHtの勇姿。

久しぶりに撮ってもらったので、自分の勇姿(笑)も貼っとこう。

酔いしれていたらあっという間に宿到着。

その足で温泉にどぶんと浸かって解凍、お約束の山菜そばをいただき、3人でニヤニヤしながら宿をあとにした。

Htは今回も遅い羽田便を取ったということで、札幌までお連れして、例によってのレモンしゃぶ。満足と余韻に浸りつつ、楽しい会話で〆めたのであった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)