「春画のからくり」 感想

投稿者: | 2014-03-08

日曜朝のTV番組「サンデーモーニング」に準レギュラーとして登場している田中優子先生、の著作。

田中先生は法政大学の教授で、「江戸学」の権威。この4月からは、なんと総長になられるらしい。

めっぽう、和服がお似合いになる。
江戸学の人だものそりゃあね、と言ってしまえばそれまでだが、そもそも和服が似合う体型(超なで肩)だからこそ江戸を目指したのかも、なんてTVで拝見するたびに下世話な想像をしてしまう。

で、この本。春画考である。
あの方がこのような本を…と思うと下世話がさらに下ぶれしそうな雲行きになるが、いたって真面目な本である。

大英博物館で春画のワークショップが開催されたところから話は始まる。訳のわからない検閲があるために、肝心の日本國内ではさっぱり研究が進んでいない分野であるという。

この本の核心は、やはり服装なりテキスタイルにある。粋と野暮、高貴と卑賤、さらには不倫だったり行きずりだったりの事情が、ただ服の柄なり着合わせなどを観察するだけで見えてくる。さらには、目的がエロだけなら素っ裸でやってりゃいいものを、春画はおしなべてそうなってはいない、と話は進んでいく。

春画と言えば、リアルかつ細密に描かれた巨大な男根とかが世界的に有名だが(ウタマーロ、である)、問題は、そのものズバリではなくむしろ服なり布なりでいかにうまく隠すか、にあったらしい。その技巧の頂点に歌麿がいる。
呉服商がスポンサーで、要するに生地なり服なりのカタログであったり、いまで言えばモード雑誌でもあったのよ、という面もあったようだが、第一義的には、つまりチラリズムにこそ日本人のメンタリティがあったというのである。すっかり即物的になってしまった現代日本のエロシーンは、そういう機微を忘れてしまっている、というわけでしょうな。

モノクロだけど「検閲」の入っていない図版も豊富で、ちょっと下世話に目を寄せて見ちゃったりもしつつ、へえ、これってそういうからくりだったのかと大いに納得のいく、大変面白い本であった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください