「日本人が知っておきたい 森林の新常識」 感想

投稿者: | 2014-04-22

例えば、

森林は二酸化炭素を吸収しない。
森林には水源涵養機能はない。
「極相」は究極の安定した状態ではない。
ゴルフ場は自然破壊ではない。
アマゾン熱帯雨林はもともとは「里山」だった。

といった具合に、これまでの外ライフや昨今の環境報道などを通して知っていると思っていた「森林の常識」を、ことごとくひっくり返して見せてくれる本。
論理立てた筆致で、議論のいずれも一定の説得力を持っている。

このあと森林や樹木に関する本をいくつか読んでみようと思っているんだが、その最初に読んだ本がこういう内容だったというのは我ながら面白い選択だった。
少なくともこれから、書かれている内容を鵜呑みにせず、いったん疑ってみることが大事かもと改めて教えてもらったような気がしている。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください