[18] シャクナゲ岳 ハレ

投稿者: | 2015-02-23

BC友・Hsをお迎えして、恒例の新見温泉一泊ツアー。
下記、2/21の記録です。

ニセコ方面は、もう一週間近く降雪がありまへん。2月なのに、おかしいよねえ。

初日はシャクナゲ(雪がよければビーナス)でも行きますかと計画していたんだけど、これまで冬のシャクナゲはうまく行ったことがありません。風だったりガスだったり、シャクナゲを目指したのになぜかチセに登っていたり(笑)。

ちなみに、こんな具合。

1回目
2回目
3回目

今回もカリンカリンでダメかあ?と思って、ちょっと別のルートも模索しますが、まあ結局、チセ駐車場スタートとなりました。
(「ロンドバス後継の某ワゴン車」が停まっていました(笑))

他の皆さんよりちょっと遅れて、登行開始。

下の方はやっぱちょっとカリカリです。

順調に、チセ山頂駅。

だいぶ錆が目立ちます。

ここもどうなって行くんでしょうかね・・・。

雪庇を巻いて稜線に出ると、ひゃっはー! 青空にシャクナゲ岳の優美な姿が浮かんでいました。

チセを登る皆さんを横目に、シャクナゲ方面へトラバース中。

ラッセルが不要なので、心の赴くままに歩って行けるのも気分いい。

Whitedot with me。

若干モナカ気味ではありますが、上の方に行くとむしろ柔らかくて、歩きやすくなって来ます。

コルに着いたところで、腹ごしらえ。

例によってニセコサプライさんのレーズンパン。旨かったなあ。

普段は風の吹き抜ける場所ですが(写真手前にもシュカブラが写っています)、今日は無風だし日差しもたっぷり。

15_18_07右へ巻きながら、シャクナゲ山頂を目指します。

この写真が今日のベストショットだなあ。というわけで、画像クリックで拡大です。

ちなみに右側に鳥の足跡のように写っているのは、先行していたJ衛隊の人が、体力に物を言わせ(笑)、ウロコ板を食い込ませながら登って行った跡です。

苦節4回目。ついに冬のシャクナゲ初制覇です。

ここは夏でも強風が吹きすさんでいるところなんですが、今日は無風。景色も、ニセコ連山や岩内の海の方までずーっと見渡すことができました。サイコー!

さて、ドロップです。

こんな感じのエビの尻尾斜面が続きます。比較的柔らかいのでイヤではありませんが、ちょっとラインを外すと鬼のシュカブラが待っています。

急斜面を、HsとYkが気分よさそうに滑り降りて来ます。実際は、けっこう緊張しています(笑)。

さっき腹ごしらえしたコルの辺りは笑っちゃうほどのシュカブラで難儀しましたが、高度を下げて旧ゲレンデに出ると意外にメロウな斜面が広がっていて、本当に気分よく滑ることができました。

今日はカリンカリンを覚悟していたのに、どうしてどうして、望外の喜び。

ちょっとブッシュが目立ち始めた「強者どもが夢の跡」みたいなゲレンデも、なかなか味わい深いものがありましたね。

新見温泉ホテルさんに入り、ひとっ風呂浴びたあと、例の正しい晩ご飯。空きっ腹に沁みました。

いやあ、今日もいい一日でした。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (4)

[18] シャクナゲ岳 ハレ」への1件のフィードバック

  1. Hiroshi

    天候に恵まれました.無風で温かいことが素晴らしかったですね.中間はシュカブラで苦労しましたが,上と下はびっくりするくらい雪がきれいでした.春になってザラメでもきっと心地よいことでしょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください