「古木の物語」 感想

投稿者: | 2015-09-17

牧野和春氏の巨樹の本、もう一冊。

著者 : 牧野和春
工作舎
発売日 : 2007-10-15



今度のはさらに民俗・宗教方面へ巨樹・古木周辺を掘り下げたもので、修験者たちのメンタリティーや木喰上人の足跡、妙好人と呼ばれた稀代の念仏家の生涯など、その物語は滅法面白い。
が、その分木の存在感はやや薄まったかに思えた。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください