Home > ふみとことば | 社会の窓 > 「路上觀察學入門」 感想

「路上觀察學入門」 感想

かつて、故・赤瀬川原平氏を中心とする、とある芸術分野が存在した。

路上観察学入門 (ちくま文庫)

出版社:筑摩書房( 1993-12-01 )

文庫 ( 380 ページ )


「考古学」に対する「考現学」(は、赤瀬川氏の造語ではないが)であり、ここに見られる「路上觀察學」である。

路上観察から生まれた「トマソン」に代表される超芸術は、無用な存在そのものに芸術的な美を見出すことであり、「考現学」は、ただ単に街のブツを観察したり採取したりする営みでありながら、激しく固執し、異常なまでに積み重ねることにより、芸術的活動たり得ることを高らかに示した。

物体は、いかにして物件になりしか」という、「路上觀察學」の一方の雄である建築史家藤森照信氏の序文が胸を打つ。

大まじめに、高い専門性を駆使して、大人が遊んだ足跡だったのである。

thomasson今でも持ってるよ、超芸術トマソン。(初版第1刷)
バブリー時代の思い出だなあ。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.steeps.jp/h2/wp-trackback.php?p=1990
Listed below are links to weblogs that reference
「路上觀察學入門」 感想 from Haretara Yamaasobi

Home > ふみとことば | 社会の窓 > 「路上觀察學入門」 感想

Search
Feeds
Meta

Return to page top