ライフワーク・・・?

投稿者: | 2016-03-21

大人買いで全巻そろえるか・・・いやいや^^;

peanuts「スヌーピーとチャーリーブラウン」の全集(The Complete Peanuts)、その第一巻を読みました。

この作品の雰囲気、空気感も好きですが、吹き出しの中の書き文字が好きでねえ。

ところが日本語版だと、谷川俊太郎訳の頃はまだしも、近ごろは吹き出しの中に日本語、欄外に原語という構成になってるんですよ(と言いつつ、近ごろをよく知ってるわけではないんだけど)。

いっそ原典はどうだと思って調べてみたところ、この全集というか定本が出版されていたというわけです。

第一巻は「PEANUTS」として連載が始まった1950年から1952年までの作品を網羅したもの。チャーリーブラウンは第1回から出てくるけど、服はあのポロシャツじゃないし、大きなピアノの前に座らされて泣き出すシュローダーがいて、まだ赤ん坊に毛が生えたくらいのルーシーが登場、ライナスはまだ一人では座れないとか、まさに初期の設定が面白い。

さてところが、ハードカバーのこの本、一冊が二千数百円~三千数百円くらいする。で、第一巻が1950年~、現在予約受付中の最新刊が(作者が亡くなった)2000年。1冊に2年分ずつ50年、また「PEANUTS」の前身も収録されるという話なので、25冊かそれ以上になるわけです。ざっと8万円コースだな。

手を染めてしまった以上、そこまで行くかどうか・・・悩める春であります(笑)。

ちなみに原語は、辞書を引きながら読んでもわかるのは8割くらいかなあ^^;

Canongate Books Ltd
発売日 : 2007-06-27



※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください