「虚無僧」 感想

投稿者: | 2017-02-11

近ごろすっかり不読書シーズンに突入していて、さっぱり読書が進みまへん^^;

尺八関係の本を何冊か読んだけど、そのつながりで。

虚無僧と言えば時代劇の剣客(隠密)のイメージだが、意外に目立ちすぎてそういう行動には向かなかったようだ。ある程度の移動の自由が認められたことから、世捨て人のたぐいや仇討ちなどが多かった由。

宗教ではあるので、話が風呂(施湯)とか一休宗純とかへと広がって少々面食らう。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)