「リトル・トリー」 感想

投稿者: | 2016-11-28

タイトルは「小さな木」のことである。

インディアン(本人談)の血を引く著者の子供時代、すなわち「Little Tree」という名で呼ばれていた頃の、学や財産はないけれども誇り高きチェロキーの祖父母との生活を描いた自伝的小説。

互いに尊敬できる隣人との交流、「政治家」らへの当てこすりに混じって、「獲物を狩る時には、必要なだけしか獲らないこと。一番立派なやつを獲らないこと」「生きるための欲(ボディー・マインド)を大きくし過ぎてはいけない、ものごとを理解する知恵(スピリット・マインド)を育てなさい」など、胸に迫る言葉が随所に出て来る。挿絵も素晴らしい。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください