「呑々草子」 感想

投稿者: | 2017-06-11

なんだか引きずられるがごとく続けざまに読んでいるけど、杉浦日向子さんシリーズ。これは表紙の写真(なんと、著者のセミヌード(笑))に惹かれて。

現代もので、雑誌の企画で全国を「呑みに」行く紀行エッセイ。テーマがなんだか訳わかんないし、話っぷりもおだち過ぎだが、巻末(解説だったかな?)にあった、江戸黄表紙の「駄句もまたよし、駄文もまたよし」の境地らしい。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください