「ナイルに死す」 感想

投稿者: | 2017-08-13

エルキュール・ポアロシリーズ#16。

例によって作り過ぎな気はするけど、解決感はあるし、犯人を巡って独特のペーソスも漂っていて、確かに傑作である。

何だろうなあ、作り過ぎっていうのと、貴族の遊び(筆のすさび)、スノッブ(死語?)っぽいところがどうも好きになれない理由かな。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)