「ソーシャル・ネットワーク」 感想

投稿者: | 2017-08-19

デヴィッド・フィンチャー監督、2010年、アメリカ。

意外によくできたIT起業ビジネス映画かも。

Facebook発案・創業の経緯を描く。アイディアを盗んだ/盗んでないの法廷闘争が軸線となっている。

公開当時、ザッカーバーグの「嫌なヤツ」っぷりが描かれているという評を目にしたけど、むしろコミュニケーションがうまくできないナイーブな青年、というニュアンスがうまく描かれているように感じた。

ボストン(ケンブリッジ)の学生街の雰囲気、「アメリカのエリート像」なども見どころ。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)