「蕪村俳句集」 感想

投稿者: | 2017-08-17

ふと、俳句でもヒネるか・・・と思ったのと(なぜ(笑))、杉浦さんの本で引かれていた句がよかったので、与謝蕪村の句集を読んでみる。

その句、「斧入て香におどろくや冬こだち」のほか、有名な「春の海終日のたりのたりかな」「菜の花や月は東に日は西に」などはいいなと思うけど、それ以外はどうも教養の産物、あるいはそのまんまやんけとしか感じられなくて、あんまりピンと来なかった。(自分の読解力が)残念。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください