「花咲舞が黙ってない」 感想

投稿者: | 2017-12-20

さる都市銀行の「臨店班」に所属する、いささか直情径行すぎる女性社員・花咲舞と、若いのに故あってちょっと世を拗ねたげな先輩・相馬健のコンビが活躍する「痛快逆転劇」。

持ち前の正義感と行動力、情報力で苦境を打開する、いかにも池井戸潤ワールドって感じだけど・・・ビジネス小説は苦手だなあ。

「半沢直樹」もさりげなく(渋すぎる立ち位置で)出て来て、なるほどこういう人か、と思わさる。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください