ニセコアンヌプリ…というよりタイ風カレー

投稿者: | 2011-06-12

ようやく休みの日+雨の降らない日が揃ったということで、山行ですよ。

昨夜、「さて明日はどこ行こう?」とTVを見ながら話していると、ちょうど料理番組をやっていて、ココナツミルクを使ったカレーを作っている。
見交わす目と目。
アンヌプリに登って、帰りにカリー小屋さんに寄るプランに速攻けってーい(笑)。

 

予報では過ごしやすい曇りとかなんとかいう話だったが、道中はずっと濃い霧。五色温泉の登山口に着く頃には、なんと時折強く降る雨模様だった。

9:00過ぎ、カッパを着て登行開始。新しいカッパの性能やいかに?と思ったのも束の間、雨は上がり、ちと暑くなって来たのでそそくさと脱ぐ。この間、わずか10分(^^;)。

写真は、雨の…というか雪の登山口。

道中も霧は晴れず、景色はまったく見えない。ただただ歩を進めるのみ。まぁ、2回目で足を慣らすのがそもそもの目的だし、山歩きそのものが楽しいんですよ、いやホントに。

もっと難儀するかと思ったが、ほぼ標準タイム通り1時間30分余でピーク着。

ピークももちろん霧。写真はグランヒラフ方面を写したものだが、もちろん見えない。結構大きな雪渓が残っている。

お約束の今日の避難小屋。なんか扉とか外装とかすごいきれいなんですけど?

もひとつお約束、今日の北斜

こっち側の雪はほぼ消えているけど、トイメンのイワオヌプリにはまだ結構残っている。シュート伝いにならまだ滑れるんじゃないの?というくらい(滑らないけどね(笑))。

10分ほどのんびりして来た道を下る。約1時間余で下山。途中、山ガール発見(笑)。

約3時間弱、ちょっとモモタがぷるぷるしたけど、ほぼ問題なく山行を終えることができた。2回目にしては上々で安心した。

帰路、D線ベース付近に鎮座する搬器たち。サマーゴンドラ営業に向けて準備中?

昼はいそいそとカリー小屋さんへ。ニセコに来た目的は、むしろこっちと言っても過言ではない。

シーフードの設定がなくなって以来、数年ぶりで食べたタイ風カレー(チキン10辛)。いやー、こんなに旨かったっけ?というくらい堪能。大満足ののちにニセコを後にした。雨の心配はもうなかったが、毛無峠は濃霧だった。

 
*
過去のニセコアンヌプリ
2010/7/17
2007/9/29
2006/9/24
2006/5/21
2004/7/3

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)