「ブルース・ブラザーズ」 感想

投稿者: | 2018-02-24
ジェネオン・ユニバーサル
発売日 : 2012-04-13



ジョン・ランディス監督、1980年、アメリカ。

なんだか散漫で、意味がわからない映画。「サタデー・ナイト・ライブ」というTV番組や、バンド活動が先にあっての映画らしい。

ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイドの怪演が見どころでありつつ、ジェームズ・ブラウン、アレサ・フランクリンやレイ・チャールズといった大御所が出演、音楽まわりはとんでもなく素晴らしい。

ほかにツイッギー、若きキャリー・フィッシャー、果てはスティーヴン・スピルバーグまで登場。豪華なおもちゃ箱である。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください