PMF GALAコンサート(前半)

投稿者: | 2018-07-30

PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)2018の総決算、まさに精華とも言えるGALAコンサートです。
(7/29、Kitara大ホール)

おおお、いつもの大ホール入り口にもゴージャスな飾り付けがしてあります。盛り上がりますねえ。

列に並んでいたら、開場時間になって回りがざわつき始めました。後ろを見ると、小ホール前の階段のところに5人のトランペッターが登場、めちゃカッコいいファンファーレを吹き鳴らしました。トリハダです。

スマホの電源を既に落としていたので、写真は取りはぐれました^^;

ロビーに入ると、PMFメンバーによるウェルカムコンサートが始まっていました。

手前ではトロンボーン+テューバのアンサンブルです。上手かったけど、たぶん、ほぼ初見(笑)。

それが終わると、奥の方で木管4人組の演奏です。

お祭り感がますます盛り上がる趣向でしたね。めっちゃステキでした(フルートのロシア人のおねーちゃん、めっちゃ美形)。

さて、GALAコンサート自体、前半+後半の構成になっています。

今回も、(予算の関係で)P席(前回の2つくらい後ろの席)を取っています。会場にTVカメラが入っていますね。

前半、まず口火を切るのはパイプオルガン。Kitara専属オルガニストのM.グレゴリウス氏による、PMF GALAコンサートのテーマによる即興
プロフィールによるともともと即興の名手のようですが、祝典的なアレンジかと思ったら、スターウォーズばりのスペクタキュラー(笑)。あとで出て来るマーラーやホルストのメロディが織り込まれていました。

2曲目は、ソプラノ天羽明惠さんをフィーチャーして、バーンスタインの音楽劇「キャンディード」から着飾ってきらびやかに。伴奏はPMFオーケストラ(指揮ダニエル・マツカワ氏)。
お祭りにふさわしい曲、そして「超絶的なコロラトゥーラとリリックな声」と言われる通りの圧倒的な歌声でした。

天羽さんはこの後、MCとしても大活躍(軽妙なトークもキレっキレですね)。

3曲目は、PMFアメリカ、つまり教授陣による、ハイドンの弦楽四重奏曲ニ長調(Hob.III-49)「蛙」から第4楽章。蛙って(笑)。
特に第一ヴァイオリン(デイヴィッド・チャンという、メトロポリタン歌劇場管弦楽団のコンマス)は、PMFオーケストラでもコンマスを務める人ですが、こういうちょっとした曲でもやっぱすげーです(としか言葉が出て来ませんです(笑))。

4つ目は、PMFヴォーカル・アカデミー(声楽セクション)による、ヴェルディの歌劇イル・トロヴァトーレからと、ベッリーニの同ノルマからそれぞれ2曲。

5曲目は、メトロポリタン歌劇場管弦楽団の専属ハーピスト安楽真理子さんをフィーチャーして、ドビュッシーの神聖な舞曲と世俗的な舞曲
これも初めて聴きましたが、いやいい曲ですねえ・・・やっぱりハープがいいんでしょうかね。後ろの席からだったので、ハーピストの足元が見えたのも興味しんしん。ドビュッシーのような全音・半音・微妙な和声が交錯する曲にあって、とんでもなく目まぐるしく動いていました。まさに優雅に泳ぐ白鳥の足、ですね!

さて前半の最後は、PMF賛歌~ジュピター~とのこと。
プログラムに譜面が載っていたのでいやな予感(笑)がしたんですが、さあみんな立って一緒に歌いましょう!という趣向でした。

MCの天羽さんが開場を煽りつつ、ひとしきり歌の練習をしたあと、ここでいよいよ芸術監督のワレリー・ゲルギエフ氏が登場、オーケストラがホルストの組曲惑星(木星)のアレンジ版を演奏し、例の中間部のメロディ(歌詞はオリジナル)をみんなで歌います。すげー、ゲルギエフの指揮で歌っちゃったよ、オレ。という時間でした(笑)。

ここまでが前半。長くなったので、いったん切ります。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください