「姑獲鳥の夏」 感想

投稿者: | 2018-08-20

「うぶめのなつ」と読む。

うぶめは産女とも書き、人に害をなす妊婦の妖怪であったり、中国の伝承(姑獲鳥=こかくちょう)と結びついて人間、なかんづく幼児の命を奪う化け物であったりする・・・。

とかなんとかも含め、「脳と心のせめぎ合いから宗教や幽霊妖怪の類いが生まれる」といった、激しく理屈っぽいというか余りにも衒学的というかなコンニャク問答から始まっていて、大いに困惑する。え、これって普通の(?)怪異譚、伝奇小説じゃないの? 夏のひととき、ちょっとゾっとしてみようかと思ったのにぃ・・・って感じ。

とても読み通せないかと思ったが、まあなんだかんだ読了。(京極夏彦氏一流の「サイコロ文庫」で、一冊600ページくらいあるが)リズムに乗ったらまずまず面白く最後まで読めた。

探偵が出て来たり、謎解きが筋であったり、ミステリーではあるんだけど、やはり前後のうんちくが主眼というかキモになっている。超常チックな設定もあるが(探偵の能力とか)、総じて怪異に合理的説明がつく内容になっていてコクがある。

読後によく調べてみたら、京極夏彦氏のデビュー作だった。

ページごとにパラグラフが終わっている(見開きの終わりは必ず「。」になっている)のも特徴とか。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください