「MIKROKOSMOS」 感想

投稿者: | 2018-10-18

「ミクロコスモス」・・・20世紀前半の大作曲家バルトーク・ベラが書いたピアノの教則本です。

おおむね、自分の子息のピアノレッスンのために書いた練習曲集。全部で6冊から成っており、最初はホントの初学者級から始まり、だんだん難しくなって、うしろの方にはプロピアニストのアンコールピースになるほどの内容を備えた曲も交じっているといいます。

このたび、ピアノの練習のために、中級向けと言われる第4集までを買ってみました。

さて、まずは第1集に取り組みます。

子供さん向けの初歩の初歩だもの、まあ1カ月くらいで弾きとばせるかな・・・とか高をくくり、鼻歌まじりで始めたわけです。

いやそれがところがだがしかし

序盤こそすらすら行ったものの、36曲くらいある中で25番目に至ったところで、激しくつまづきました。

まず、シャープが1コだから、なにげにホ短調ですね?と思ったら、なんだか様子がおかしい。目をこらしてよく見ると、シャープが「ド」についているじゃありませんか。脳天をカナヅチで殴られたような衝撃が走りました。

なんだ、これは。

まさにバルトークの洗礼でした。

このほかにも、これまでしっかりした地面のように足許にあった、ドイツ・オーストリア(・日本)系のいわゆるクラッシック音楽の先入観が音を立てて揺さぶられる仕掛けが随所にあります。

例えば、「ナントカ旋法」の聴き慣れないメロディライン。必ずしも気持ちよいとは言えないが、なんだか民族的エモーションに働きかけてくる和声。微妙に揺れ動き、交錯するリズム。初学者向けだっつー割には早くも炸裂する対位法。どこかの棚に上げたまま忘れたような終止・・・。

左手が伴奏、右手がメロディ、という構造の曲もありません。右と左がほぼ等価。

指自体は確かにカンタンなのですが、おっさんの脳の方が壊滅的について行けません。なんて難しい音楽なんだ。(子供ならすんなり入って行けるんでしょうけど)

一方、手のポジションは一曲の中ではまったく動きません。指を一度鍵盤の上に定めたら、手はずっと同じ場所にあるのです(10本の指が10の音に必ず一対一対応している)。運指のルールは、のちのち最も大事な要素かも知れないので、ここでこれでもかと身に染み込ませておこうという考えなのでしょう。

てな感じで、1カ月どころか、半年以上かかってしまったわけでした。しかし確かにすごく勉強になりました。

バルトークの曲には好きなものがたくさんあるんですが、その作曲作法の一端も垣間見られた気がします。

で、引き続き第2集に入ります。第2集も「初級」向けなんですが、少々気が重いのは内緒です・・・^^;

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください