ラヴェル・ニュイッ

投稿者: | 2019-02-16

札響、第616回定期演奏会です。
(2/15夜公演)

今夜はオール・ラヴェル・プログラム。指揮は「友情客演指揮者」広上淳一氏。

ラヴェルは好きだし、ピアノ協奏曲を2曲とも聴けるとあって、久しぶりに「今夜は楽しみだー」と思いながらKitaraにやって来ました。

一曲目は、道化師の朝の歌

冒頭から細かい掛け合いのある曲で、ちょっと息が合い切っていないかなー。各要素やフレーズがそれぞれ独立してギクシャク動いてる感じです。まあ、そこはだんだん流れてくるわけですし、まとめ方はやっぱり鮮やかですね。

トランペットは、久しぶりに見るつるたまさんでした。二番の人は、試用期間中という若い人(小林さん)かな。あとフルートの高橋さん、楽器変わったかしらん。

二曲目は、ピアノ協奏曲ト長調です。ナマでは初めて聴きます。

独奏はフランスのジャン=エフラム・バヴゼという人。レパートリー的にも、ラヴェルはお手の物のようですね。

この曲も、出だしは一曲目と同じような感じで、オケとの音量バランスも含めてなんだかパランパランに聞こえます。奇矯さがあちこちに散らばってしまってまとまりがないというか。個人的な印象では、この曲はそのヘンテコリンさの底にピーンと張っている緊張感があると思っているのですが、それはあまり感じられませんでした。

一方、ジャズィ~な演出はよく出ていると思ったし、二楽章のメランコリーにオケが入ってくる辺りはきれいでちびりました。ラストのまとめも上手いですね広上さん。

その辺の漠然とした印象はともかく、ピアニストは奔放そのもの。テンポやタッチは結構アバウトだと思うんですが、エネルギッシュなアクションで音楽を引っ張っていくダイナミズムがありました。

後ろに協奏曲がもう一曲あるんですが、ここでアンコール。「アルボラダ・デル・グラツィオーソ!」と2度宣言しました。なんと、一曲目道化師の朝の歌のピアノ版(原曲)じゃないですか。この聴き比べも面白いです。

これはピアコンに負けず劣らずの奔放さで、しっかり乗ってないと振り落とされるゾ、という息をもつかせぬ演奏。でもこの人のラヴェルもっと聴いてみたい、と思わせるものがありました。

休憩を挟み、三曲目は再び管弦楽曲の古風なメヌエット

管弦楽-ピアコン-管弦楽-ピアコン-管弦楽という曲順なので、ステージ設定の手間(複雑さはなさそうけど)はひとしおでしたね(笑)。

この三曲目は、古風なと言いつつリズムに仕掛けがあるようで、ファゴットソロ始めなかなか陰影に富んだ演奏、よかったです。

さて四曲目、左手のためのピアノ協奏曲ニ長調。

この曲は舘野泉さん+札響で一度聴きました。10年以上前ですね・・・^^;

この曲、二曲目の「ト長調」よりだいぶ編成が大きいんですね。逆かと思ってた。

しかしこの夜の演奏は、前回とは印象がえらく違いました。舘野さんの時は、こうメランコリックで優しくてと感じたものでしたが、今回は豪快、ダイナミック、攻撃的といった単語が浮かんできます。ピアニストはもちろん右手も使える人ですが、その右手でピアノの端を支えるようにつかんだり、椅子の上で跳ねたりくねったり。この曲のすごいスペクタキュラーな側面を見せてくれる演奏だったのです。

びっくりした、でもまず、面白かった。

そしてトリを飾るのは、ラ・ヴァルス

ウィンナ・ワルツのスタイルですが、冒頭のうごめく暗雲のおどろおどろしさを始め、グロいところをしっかり聴かせてくれてよかったです。

広上さん、この曲ではことさらに指揮台の上で踊ります。演奏中に指揮者の顔が見えるって一体・・・(笑)。

*

ロビーコンサートは、弦4人さん(阿部さん・赤間さん・武田さん・大澤さん)による、ロッシーニのソナタ第3番とのこと。ヴィオラがなくてコントラバスが入った四重奏なんですね。

ヴァイオリン二人の掛け合いを低弦が支える、ロッシーニらしい?素直ないい曲でした。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください