コトニクラシック

投稿者: | 2019-06-25

クラッシック月間、その2。

札響の大平まゆみさん主演の、コトニクラシックVol.25に行って来ました。

地下鉄琴似駅コンコースでの演奏会。毎年やってるはずだけど、私は4年ぶりの参戦になります^^;

今日は同じく札響のヴァイオリニスト佐藤郁子さんとのデュオ。大平さんもMCで言っていた通り、いつものようにピアノ伴奏だとどうしても電子音が入ってしまうけれども、今回は生楽器が2本ということで、より豊かな響きが楽しめるというわけですね。

舞曲を中心に、みんな知っているポピュラーな曲、日本の曲、2本のヴァイオリンのための曲(バルトークよかったなぁ)、大平さんのアレンジによるらしい子犬のワルツやファリャのスペイン舞曲などを楽しませていただきました。

アンコールの猫のアレンジも秀逸だったなあ。

お2人の人柄が偲ばれる、大らかでチャーミングなひとときでした。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください