「紅の豚」 感想

投稿者: | 2019-04-01
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
発売日 : 2014-07-16



宮崎駿監督、1992年、日本。

宮崎駿氏の主な監督作品としてはほぼ唯一(風立ちぬを除く)未見だった映画。

宮崎監督が考えるダンディズム、「かっこいい」ってのはこうなんだという、男のおとぎ話。監督曰く、「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」なんだそうだ。

道具(兵器)への偏愛、女性の軽視(大事には扱ってるけど)がよく描かれる。

例によって説明は足りない。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください