奥三角山

投稿者: | 2019-07-06

今季2度目のヤマです。

しかも、久方ぶりの初物。

先週三角山に行ったんですが、そういえばこれ、ウチから近い小別沢まで続いている遊歩道だったっけな、と思って調べてみますと、その登山口から割と近くに奥三角山(354m)というのがあって、登れるらしいことがわかりました。

よし行くべ、ってんでクルマを走らせます。クルマならウチから10分もかからない。

クルマは農家さんの畑横の路駐になっちゃうので恐縮ですが、停めさせてもらいました。立派な入り口標識があります。

農道があって、すぐに野趣あふれる登山道になります。

ちょっと、羅臼岳の登り始めを思い出すような、やせ尾根に細かいジグが刻まれるなかなかの急登です。

気温が上がっていますが、道中ずっと木陰なので快適。

遊歩道から山頂への道へは分岐になっていて、その先は私有地となっています。でも道は整備されていますね。

だいたい4パーティーさんくらいと行き合いつつ、約30分で頂上着。標識もキチンとしています。別名「よこして山」というそうな。

木が立て込んでいるのでまあ眺望はないだろなと思っていたら、視界をさえぎる木は伐採してあり、しかもテラス状の展望台にしつらえられています。これには驚き。

円山や藻岩山、札幌市街の展望をしばし楽しんで、来た道を降りました。(大倉山くらいまで行こうかと思ったんだけど、スマホをクルマに忘れて心配になったのもあり^^;)

こんな近所に、こんな楽しい場所があったのかと、すっかり嬉しくなった土曜の午後でありました。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください