「DESTINY 鎌倉ものがたり」 感想

投稿者: | 2019-07-05
バップ
発売日 : 2018-06-06



山崎貴監督、2017年、日本。

夫婦愛の物語。

日常の不思議譚なのかと思ったら、後半、思わぬ壮大な展開になってワロタ。

前半はちときつい。途中でやめるかと思った。(警察が出て来るあたりが特に)

昭和初年くらいから現代にかけて、時代、時空が錯綜しているんですね?

役者がなかなかいい。堺雅人はなるほどの存在感、高畑充希はちょっと照れくさいけど嫌いではない、ほか、薬師丸ひろ子、三浦友和、吉行和子など。

CG(VFXっていうの?)は、惜しい。実写とのつなぎがもう一歩。キャラクターの動きは魅力的。

鎌倉に住んでる人は、より「そうそう」と思うのか、より「ないない」と思うのか・・・友人が一人居るので今度訊いてみよう。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください