「残念な理系の常識」 感想

投稿者: | 2019-07-24
青春出版社
発売日 : 2019-01-10



自分でちゃんと説明できるかどうかはともかく、おおむね知っている内容ではあった。

一方、接着剤がくっつく理屈、ウンチが薬品になる、ツバルの海面上昇は地球温暖化が原因とは言えない、など初めて知ったことがらもある。

例えば充電バッテリーの寿命とかの「常識」も刻々と移り変わっているので、時々こういう本は読んだ方がいいよなあと思った。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください