「ユージュアル・サスペクツ」 感想

投稿者: | 2019-08-08
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日 : 2006-09-08



ブライアン・シンガー監督、1995年、アメリカ。

ずいぶん昔に観て以来、2回目。ラストシーンの印象だけが残っていたけど、こんなお話だったかあ。ちょっと筋が粗っぽすぎるな。キートンがカイザー・ソゼなわけないだろう(トルコ系でもないし、リーダー格にしゃしゃり出るなど、才走ったところを見せるわけない)とか、カイザー・ソゼはなぜ麻薬船に現れる必要があったのか?(ないんじゃないか)とか、結局警察にメンが割れてんじゃん?(あのFAXなんとかしとかなきゃ(演出的に))、とか・・・。

スター・ウォーズ(#8)に、裏切るハッカー役で出ていたベニチオ・デル・トロにも興味があった。ちゃらいロックスター風な役であった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください