「地球で生きている」 感想

投稿者: | 2019-09-05
海竜社
発売日 : 2015-05-12



ヤマザキマリさんシリーズ。エッセイ集。

生い立ちや14歳での海外旅行、留学まで、波乱の前半生がまとめられていて、断片的ではあるけれど「定本」のような内容で大変面白かった。

海外で出合ったカッコいいお姐さんがたが本当にカッコよかったり(しかしこの人は、すごくあちこちに出かけているんだけど、その先々に魅力的なネタがあるなあ)、ネタばかりではなく美術論はもちろん、文学論、建築論までその造詣の深さも見せてくれる。

これは、2013年を中心とした数年間に、各メディアに掲載された文章を集めた本。

テーマもいろいろ、文体もいろいろのものを一冊にまとめた編集さんのご苦労が偲ばれるけど、タイトルをつけるとしたら「地球で生きている」という大きな括りにするほかなかったろうな、という内容である。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください