夏山開始

投稿者: | 2012-05-20

もう戻って来たんかい!とか言われそうだなと思いつつ(^^;

「たか夫」初の長距離ということもあって、走り慣れた道をヒタ走り、ニセコアンヌプリへ。
先々週に「〆」たばっかなんですけど(笑)。

真新しい「343」ナンバーで道道343号を走り、予定通り9:00頃五色温泉の駐車場着、アンヌプリさんと初対面の図。これから何度となく顔を合わせることになるであろう。

しかしニセコ行く時って、アベレージスピードが上がるので燃費はあんまり伸びなさそうー。

五色のキャンプ場の駐車場がまだ深い雪に埋もれていたのにはびっくりした。道路はもちろん完全に舗装が出ているが、道路脇まで雪が迫っている。

雪渓の上を歩き始めてすぐに、久方ぶりに軽アイゼンを装着。念のため持って来てよかったなぁ。(なくても登れるが、横ズレすると膝が痛くなるので)

初夏山にアンヌプリはちときつい(本来三角山とか藻岩山とかで足慣らしをしたかったところだ)。でも思ったより足は動いて、順調に高度を稼ぐ。

山頂まで2000mという標識のちょっと上まで雪がついている。この標識、前回にはなく、地元の山岳会の人だかが新たに設置したらしい。山ガール対策?(笑)

約2時間でピーク。

写真は本日の北斜である。そっちはサスガ山頂直下まで雪がついていて、シールやスノーシューの人が登って来ていた。ちょっと羨ましい…かな?(笑) 小さくて恐縮だが、写真の中央付近に見えるポチがスキーの人。

雪渓の上は涼しかったが、日が出て汗ばむくらいの暑さだった。

登山道周辺では大勢のウグイスたちが発声練習に余念がない。微妙に姿が見えないのが常だが、今日は何羽か見かけることができた。

花はまだって感じだなー。ちょっとしょぼくれたカタクリや、ヤマイチゴ?(写真)が見られた程度であった。

登り2時間、下り1時間半といったところ。シーズン初だけに少々時間がかかった。

で、昼はカリー小屋さん(もう戻って来たんかい!(笑))で、タイ風ポーク10辛。

今日は(も)例によって「じゃこ天」のお持ち帰りを頼んだんだけど、お姐さんがいつになくいたずらっぽい表情で「1枚を揚げ立てで食べてみませんか」という(じゃこ天は持ち帰り専用品なので、本来食べられない)。揚げ立てはさぞや旨かろうとかねてから想像はしてたけど、またもや驚きの旨さだった。ナンボ深いんだこの食べ物…。

 
*
過去のニセコアンヌプリ
2011/6/12
2010/7/17
2007/9/29
2006/9/24
2006/5/21
2004/7/3

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

夏山開始」への2件のフィードバック

  1. hiroshi

    なんだまだ北斜で滑れるんじゃない.行ってみたらどうすか?

  2. HY 投稿作成者

    hiroshiがいたら滑りに行くかもねw
    今年はクルマの受け入れ準備もあるしとっとと撤収したかったのさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください