いわゆる欽ちゃん走りを鑑賞する

投稿者: | 2012-08-08

んhkは大キライだけど、久方ぶりにいいコトやったなあ、と思ったのがオリンピックのライブストリーミング放映だった。

んhkのこのサイトでは、ロンドンオリンピックの競技中、公共電波での放映がないものをすべてネット生中継で見せるという。さすがに実況や解説はないが、現地のナマ音とともに、放送用の映像を見られるのだから、大満足なサービスなのである。(PrtScキーで画像キャプチャが取れるのも◎(^^;

で、早速(でもないけど)、馬場馬術(Grand Prix Special)を拝見。画像は、最高齢選手・法華津さんの予選での競技のようすである。

なにしろルールも何もわからないのでさっぱりコクのない観戦ではあるけれど、私とて長年、馬を眺めて来た身(笑)。馬がいま何をしているか、そのキレや正確さ、騎手との呼吸、競技者によってデキがどう違うかなどは何となく感じられた。

日が改まり、これは個人2次予選(兼団体決勝)のようす。「欽ちゃん走り」のキレがいい(笑)。

調べてみると、騎手が馬を操っているのは間違いないんだけど、それを感じさせず馬があたかも自動的に動いているように見えるのがいいそうだ。いったいどう操っているのか、それ以前にいったいどうやって馬に演技を教え込んでいるのか、とても気になる。ちゃんと見るポイントを知ってる人と一緒に見たら、かなり面白そうなんである。

競技の結果はと見ると、地元イギリスの人がリードしているらしい。法華津さんと愛馬WHISPERが予選で出した68.739%に対して、リーダーの得点は83.286%。これは見なかったけど、さぞや目の保養になるのではないかと想像される(リンク先で何と過去ストリーミングも見られるようなので、後で見てみようと思う)。「本場」の欧米とはまだまだ差がありそうだのう。

馬場馬術はこのあと現地時間9日にも競技(決勝)があり、今度は音楽に合わせて演技するGran Prix Freestyleというのだそうだ。深いな…。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

いわゆる欽ちゃん走りを鑑賞する」への2件のフィードバック

  1. るな

    数日前に行われた馬術のクロスカントリーもすごく面白かったですよ。
    ゴルフコースみたいなところを走り回るんですが、置き障害のデザインが凝っていて面白かったです。アーカイブがあるようなら是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください