偵察山行…両古美山、その他

投稿者: | 2012-08-12

日曜なのにカミさん仕事ということで、ソロ。
一人だし、今日のテーマは偵察である。

まずはひと山やっつけようということで、両古美山(806m)。積丹半島の中央付近に位置していて、もう少し足を伸ばせば無沢とか、道の反対側には当丸山とか当丸沼とか、登山道がいくつか開かれている場所なんである。

自然に目が覚めたら5:30だったので、なりゆきで身繕いして出かける。現着は7:30頃だったが、先客さんが一人いた。話をすると釧路の人で、この両古美山と当丸山をやっつけた後、函館まで行く(帰省する)のだという。元気だなぁ(笑)。

上の写真は出発地点。道道の防風雪シェルターの上をまたいで行くのである。

釧路の人はすごい健脚で、一緒に歩き出したのにあっという間に置いていかれてしまった。

登山道はよく刈り込まれていて(お盆休みの前に整備したのかな?)、ハイマツの根っことかは別にして歩きやすい。

約50分ほどで山頂。だがここには眺望はまったくなかった。もうちょっと足を伸ばして、次の小ピークまで行ったら爽快な景色が望めた。

その小ピーク付近から、両古美山(左側のちょっと盛り上がっているあたり)方面を見返したところ。雲はもう、けっこう秋だねぇ。

来た道を戻る。途中、大きなラブ(ラドールレトリーバー)を連れた人とすれ違ったが、彼いわく、「この山はけっこう熊見かけるんですよ~」とのこと。登山口付近には、今朝はなかったと思われる新しい糞があったという…くわばらくわばら(笑)。

反対側の当丸山への登山口を偵察したあと(今いち、「?」だったけど)、次の目的地へ。

雷電山の登山口である。

雷電温泉付近からの林道を分け入って行くと朝日温泉というのがあって、そこが登山口であった。2年くらい前に土砂崩れがあり、林道だかその温泉の施設だかが被害に遭って通れなくなったという話だったんだけど、そろそろどうかな?と思ってネットで調べても、状況がよくわからない。なら、この機会に行って見ようというわけ。

結論を言うと、行けた(写真)。ただ、林道の入口付近に「悪路のため通行止め」の標識が設置されているので、入るにしても自己責任になるのは間違いない。

さてもうひとつ偵察の目標、喜茂別岳への登山口である。

この山には、中山峠からの道があって以前歩いたことがあるけど、手元のガイドブックを見ると反対側にもう一本道があり、そこへ行く林道のゲートが2011年から開いているということなので、その入口をチェックしようというわけ。

結論を言うと、道を間違えた(笑)。

ゲートが開いていることは確認できたので最低限の目標は達したんだけど、分岐を間違えたため、ガイドブックにある登山口へは行き着けなかった。その代わり、奥の方にさらに別の登山口があるのを発見した。

クルマが一台停まっていたけど(写真)、よく見るとチェーンが巻かれ、中は枯れ葉やらゴミやらで散らかっていた。ナンバーはついているけど、長い間放置されているらしい。なんだろうね。気持ち悪いね(笑)。

駐車スペースの反対側に細く刈り込まれた道が奥へ続いていたが、ヤブやクモの巣やクマがやばそうな雰囲気だった。登る時はガイドブックの登山口を再度探してみることにする。

いやー、疲れたけど、なんかプチ冒険チックで面白かった一日なのだった。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

偵察山行…両古美山、その他」への2件のフィードバック

  1. hiroshi

    実は私は週末ニセコに居ました.土曜日は鯉川に泊って新見温泉ホテルやら黄金温泉やら….どちらも良かったです.ロードスターを千歳で借りてドライブしてたのでした.声かければよかったですね.

  2. HY 投稿作成者

    おや、2人で?
    この次はぜひ(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください