[36] 花園(敗退) 10℃ ハレ

投稿者: | 2013-05-12

ハイハイ、しつこくニセコ通いですよー(笑)。

ここんところ週末は今イチな天気が続いていたが、ようやく晴れた。雨が昨日に集中してくれた、って感じ。

道も順調だったが、赤井川で対向車線にUt&Cb車がいてワロタ。彼らも悪天などがあってニセコでの滑り納めを逃していたので、延長営業のキロロに向かったらしい。

さて、今日は花園ゲレンデから登ってみようという魂胆。(実は4月くらいから狙ってたんだけど、ようやくねぇ)

駐車場に着いてみると、もちろん地面が出て、シャトルバスの置き場やラフティングの基地になっていた。

道道343号から入る道も間違えそうになったし、春の風景は見違えますね。

写真は本日の羊蹄さんと出発準備の風景。

一応ライブカメラで確認しておいた通りで、雪は下まで繋がっている。

ところどころ穴が開いていて、下を水が流れたりはしているが、なんだかもったいないすな。

やや風が強いものの天気がいいので、ジャケットをザックにくくって出発。雪も締まって歩きやすく、実に快適ですなー。ようやく待望の春スキーですなー。

写真は花1最後の壁のところ。オンコースの雪は完全に残っている。先行2人のボーダー君たちが登って行くのが見える。

さー、いよいよその壁に取りつくど!というところで、カミさんがクライミングサポートを上げようとして前傾姿勢を取ると、バチン!と音がして、バインディングが外れてしまった。

なんだなんだ?と見ると、カートリッジの前部分でネジがボッキリと折れているではないか。どうも、錆か腐食かで劣化が進んでいたようだ。

これはもう一目で、補修してどうにかなるレベルではない。というわけで、登行開始30分で敢えなく撤退となっつまったのであった。

残念だがしょうがない。むしろ、急斜面を攻めている時でなくてよかったわ。
カミさん、板をザックに背負って降下開始。オレも、シールのまま(時々テレマークターンを無理やり決めながら(笑))滑り降りた。

308も上側から見るとカンペキに夏シーズン。心なしかちょっとくたびれたように見えた(笑)。

さてさて、まだ10時半。

ニセコで昼飯食うには早すぎるので、取りあえずキロロのリバーサイドさんまで走って、お腹が空いたら入ろう、という話になった。

大して運動してなくても、腹はちゃんと減る。リバーサイドさんに入ったところで、キロロで滑り終え、ちょうど対向車線から来たUt&Cb車がウチのクルマを見つけて敷地に入って来たのでワロタ。思いがけず一緒にランチと相成った。

今日は魅惑のハンバーグ。Ut&Cbも気に入ってくれたみたいでヨカッタな~。

2人と別れたあと、オレらはその足で秀岳荘さんへ。

板を持ち込み、G3のテレビンが…と言いかけると、皆まで言うなとばかりすかさず替えのワイヤを出してくれた。中に折れ残ったネジを取り出すことができず、カートリッジも交換となったのは誤算だったが、取りあえずフカーツ。このまま板を捨てることにならずに済みました。

ついでに、G3のテレビン(タルガ elle)について書かせてもらおう。

秀岳荘さんによると、今回のような折れ方はあまりないらしいが、別の擦れる箇所の破損は時々見るとのこと。錆び止めに時々グリース等を塗ってやった方がよいという。
このほか、ヒールピースの(収納時に固定しておく)ツメがすでに折れ、用を為さなくなっている。
クライミングサポートやヒールピースも、(個体の特徴かも知れんが)固すぎて女性一人の力では操作が難しい。

オレが使い継いでいるロッテフェラーではこうした不都合を感じたことがないのに比べ、G3はあまりよろしくない。
今後、選ぶことはないだろうな。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

[36] 花園(敗退) 10℃ ハレ」への4件のフィードバック

  1. teton

    それは残念でしたね。
    私も毎年恒例になっていた、花園からのアンヌプリピークツアーは今年は断念しました。
    農作業が忙しいのと今月中にバイクを車検に出さなきゃいけないので。。。
    ゆっくり行って3時間もあればピークに着くよ。
    最後は岩が出てるので、スキーを担いで、岩の上を歩く事になるかと思うので、転ばない様に気を付けてね。

  2. HY 投稿作成者

    ありがとう~。
    そうか。ちゃんと所要時間の見積もりしてなかったけど、3時間ですか。改めて意欲が湧いて来るな~。
    ただしtetonちんの健脚なら、というオチ付きではないでしょうね?(笑)

  3. teton

    念のため4時間以内と言う事にしときますか?
    花2から花3の乗り場までがダラダラしちゃうんですよ。

  4. HY 投稿作成者

    ちゃんと所要時間を見積もってみました。

    花1ベースからピークまで、ざっと4,600m。ウチらの標準山歩きタイムを計算すると、180分(ちょうど3時間)余(´θ`)♪ 余裕みたとしても4時間あれば着くね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください