コミックス」タグアーカイブ

「二つ枕」 感想

二つ枕 (ちくま文庫) 江戸・吉原の情景を点描した短編まんが集。 当時(というか本質は今も変わらないと思うけど)の男女の機微、嫉妬心などが活き活きと描かれる。 ふすま一枚で仕切られた部屋、遊女同士が行き来したりする距離感… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「風流江戸雀」 感想

風流江戸雀 (新潮文庫) 短編まんが集。古川柳を冒頭と末尾に絡め、それをフックに江戸の町人の生活ぶりを切り抜いていく。おおらかで洒落がある。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「とんでもねえ野郎」 感想

とんでもねえ野郎 (ちくま文庫) なんか引き寄せられるように杉浦さんを読んでいるが・・・これはイカンかった。 独特のギャグマンガである。「戯作」の流儀のようで、フツーのマンガのイディオムと違ってはなはだ居心地が悪い。 下… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

ライフワーク・・・?

大人買いで全巻そろえるか・・・いやいや^^; 続きを読む » 「スヌーピーとチャーリーブラウン」の全集(The Complete Peanuts)、その第一巻を読みました。 この作品の雰囲気、空気感も好きですが… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

「水木しげるの奇妙な劇画集」 感想

その昔・・・中学生くらいの時だったかなあ、「ミュージック・エコー」という学研の雑誌をとっていたんですが。 ある時、水木しげるサンの手になるベートーヴェンの伝記が載ったんですよ。 わくわくしましたねえ。 「第九」の初演の時… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)