Home > Tags > コミックス

コミックス

ライフワーク・・・?

大人買いで全巻そろえるか・・・いやいや^^;

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

「水木しげるの奇妙な劇画集」 感想

その昔・・・中学生くらいの時だったかなあ、「ミュージック・エコー」という学研の雑誌をとっていたんですが。
ある時、水木しげるサンの手になるベートーヴェンの伝記が載ったんですよ。

わくわくしましたねえ。

「第九」の初演の時、オーケストラの方を向いていたベートーヴェンには会場の万雷の拍手が聞こえない。それを見かねたアルト歌手が、彼の腕を取り、熱狂する観衆を見せた・・・なんていうくだりを今も鮮明に覚えていたりして。
(マンガでは指揮したことになっているけど、指揮ではなく立ち会いとして舞台にいたようです)

そして近ごろ、この作品が文庫本(短編集)に再録されているということを知ったので、買ってみた。

アマゾンのサーバエラーかもしれません。再読み込みしてみてください。

いや懐かしいですねえ。

しかし、巻末解説に「選者」の京極夏彦氏も書いている通り、非常にあっさりしている。くすぐるエピソードの数々を限られた紙面にすべて強引に突っ込んだ・・・とも読めるけど、「ああもう面倒くさい」「マンガ描きたくない」と思いながら描いたんでないかと訝りたくなるような筆致なんですね。特に前後にちりばめられている短編作品を読むと、その思いが強くなります。

実に独特です。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「百日紅」 感想

買ってみて知った、これもアニメになってるんだって(笑)。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「ペコロスの母に会いに行く」 感想

ペコロスの母に会いに行く

著者/訳者:岡野 雄一

出版社:西日本新聞社( 2012-07-07 )

単行本 ( 192 ページ )


認知症を患うお母さんの点描(コママンガ)。

人間の哀しさと愛おしさ、なまら泣けました・・・。

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「合葬」 感想

杉浦日向子さんシリーズ。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「百物語」 感想

杉浦日向子さん(故人)もなんとなく気がかりな存在だったんだけど、このたび初めて読んでみた。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「猫楠」 感想

南方熊楠の生涯シリーズ、コミックス版。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ナニワ金融道」

遅れ馳せながら読了。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「GIRL」

作家(のインタビューとか生活ぶり拝見とか)を特集した、こういうタイトルの雑誌かムック本だと思ってAmazonでポチしてみたら…。

続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

Home > Tags > コミックス

Search
Feeds
Meta

Return to page top