エッセイ」タグアーカイブ

「呑々草子」 感想

投稿者: | 2017-06-11

新装版 呑々草子 (講談社文庫) なんだか引きずられるがごとく続けざまに読んでいるけど、杉浦日向子さんシリーズ。これは表紙の写真(なんと、著者のセミヌード(笑))に惹かれて。 現代もので、雑誌の企画で全国を「呑みに」行く… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「そうざい料理帖巻2」 感想

投稿者: | 2016-08-03

そうざい料理帖 二 (平凡社ライブラリー) 「巻1」と比べ、料理よりも飲食店の記述が多くなっていて、興味は後退。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (2)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「そうざい料理帖巻1」 感想

投稿者: | 2016-07-26

そうざい料理帖 巻一 (平凡社ライブラリー) 巨匠の食エッセイを集めて再構成した本で、少し前に読んだ本とかなりカブった^^; ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね!&nbs… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「食卓の風景」 感想

投稿者: | 2016-07-15

食卓の情景 (新潮文庫) 巨匠の食エッセイ。若い頃のやんちゃっぷりがサスガ。酒好きもサスガ。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (0)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「私の記憶が消えないうちに」 感想

投稿者: | 2016-06-24

吉田日出子さん。 続きを読む » 先日ふと、近ごろ見かけないけどどうしているんだろう?と思って・・・ま、TVも舞台も見ていないオレが見かけないもないもんだけど、ちらっと調べてみたら、高次脳機能障害を患っていて、… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「ぼくの交響楽」 感想

投稿者: | 2016-06-06

ぼくの交響楽 (1976年) ポアロものの初期の翻訳者で詩人の田村隆一によるエッセイ集。 「早川書房」の、ミステリーを出し始める頃の姿などが面白い。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありませ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「旅をする木」 感想

投稿者: | 2016-06-01

「旅をする本」というのがあるそうで。いつぞや、NHKのドキュメンタリー番組でやってた。 続きを読む » それは写真家・星野道夫さんの「旅をする木」という文庫本なんだけど、「木」に手書きで線を足して「本」となって… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (3)

「一日江戸人」 感想

投稿者: | 2015-05-21

一日江戸人 (新潮文庫) 杉浦日向子さんシリーズ。 江戸の風俗を、当意即妙なイラストを交えて語るエッセイ集。一日タイムスリップした感じで、江戸の生活や趣味嗜好を一緒に楽しんでネ、という本です。 杉浦さん、本当に江戸が大好… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「楽譜の風景」 感想

投稿者: | 2014-08-09

三浦-岩城-三浦-岩城と続いたのは偶然です。 続きを読む » 楽譜の風景 (岩波新書) これもクラッシック音楽エピソードエッセイ集なんだけど、古今東西の「楽譜」にまつわる裏話が面白切なく語られます。 ベートーヴ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「100歳まで弾くからね!」 感想

投稿者: | 2014-07-28

100歳まで弾くからね! 大平まゆみさんは札幌交響楽団のコンサートマスター。ということは、北海道のトップヴァイオリニストと言っていいと思う。 そんな人が書いたエッセイ集で、生い立ちや修行の遍歴、コンサートマスター席からの… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (6)