ミステリー」タグアーカイブ

「姑獲鳥の夏」 感想

投稿者: | 2018-08-20

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) 「うぶめのなつ」と読む。 うぶめは産女とも書き、人に害をなす妊婦の妖怪であったり、中国の伝承(姑獲鳥=こかくちょう)と結びついて人間、なかんづく幼児の命を奪う化け物であったりする・・・… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「震える牛」 感想

投稿者: | 2018-06-20

震える牛 (小学館文庫) 警視庁捜査一課のやや閑職部門にいる警部補のもとに、2年前に起きた未解決事件の洗い直しの仕事が降りてくる。やがて犯人像や、無関係と思われた2人の被害者のプロファイルに疑いが生ずるが・・・というお話… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ロング・グッドバイ」 感想

投稿者: | 2018-06-10

探していた本がなくて、ふと近隣にあったこの本が目に止まったので手に取る。チャンドラーは一度読まないとと思っていたし。 続きを読む » ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11) しかーし! し… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (1)

「煽動者」 感想

投稿者: | 2018-04-30

煽動者 キャサリン・ダンスシリーズ#4。 「キネシクス」という科学的手法で、相手の嘘や動揺などの心の動きを見抜く女性捜査官。群集心理を操って目標とする人物を殺害する犯人との渡り合いである。 恋愛沙汰、子育て沙汰がお話の軸… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ロシアから愛をこめて」 感想

投稿者: | 2018-02-06

007/ロシアから愛をこめて (創元推理文庫) 「007」シリーズの第5作。 ソ連の諜報機関が、西側の諜報機関に打撃を与えようとして、エースであるジェームズ・ボンドの殺害を企てる。亡命を装った美人刺客を、ボンドに(オリエ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「シャドウ・ストーカー」 感想

投稿者: | 2018-01-02

シャドウ・ストーカー 上 (文春文庫) キャサリン・ダンスシリーズ#3。 ダンス捜査官の友人であるカントリー・シンガーにつきまとうストーカーの影。犯人は、彼女の歌の歌詞に沿って、次々に彼女の周りの人間を殺していく。ストー… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「カジノ・ロワイヤル」 感想

投稿者: | 2017-12-10

007/カジノ・ロワイヤル 【新版】 (創元推理文庫) 「007シリーズ」の第一作。 ジェームズ・ボンドの任務は、ギャンブル(バカラ)に勝って敵国スパイの資金源を断つこと(え?)。 確かにダンディーでカッコいいけど、カッ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ロードサイド・クロス」 感想

投稿者: | 2017-12-03

ロードサイド・クロス 上 (文春文庫) キャサリン・ダンスシリーズ#2。 言葉、表情や動作など、相手の様子から嘘を見抜くことができる「尋問の天才」ダンス捜査官の、連続殺人犯との化かし合い。 殺人現場の路上近くに置かれた十… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「スリーピング・ドール」 感想

投稿者: | 2017-11-29

スリーピング・ドール〈上〉 (文春文庫) キャサリン・ダンスシリーズ#1。 同著者の「リンカーン・ライムシリーズ」からのスピンオフ物。 「キネシクス」という技術を使って相手(犯人等)の心の動きを読み取る、尋問の天才にして… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「象は忘れない」 感想

投稿者: | 2017-11-11

象は忘れない (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) エルキュール・ポアロシリーズ#36。 後年多くなってくる「回想の殺人シリーズ」のひとつ。 12年前の事件を、オリヴァ夫人による、当時を知る人へのインタビューを通して明らか… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)