動物」タグアーカイブ

「動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか」 感想

投稿者: | 2019-09-02

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか 著者 : フランス・ドゥ・ヴァール 紀伊國屋書店 発売日 : 2017-08-29 ブクログでレビューを見る» 進化認知学、人間とそれ以外の動物の心の動きを科学的に解明する学問を一般… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「へんな毒すごい毒」 感想

投稿者: | 2019-05-06

へんな毒すごい毒 (知りたい★サイエンス) 著者 : 田中真知 技術評論社 発売日 : 2006-08-31 ブクログでレビューを見る» 前段でまず、「毒とはなにか(どういう作用で、人間にとって“毒”となるのか)」につい… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「裏山の奇人」 感想

投稿者: | 2019-03-21

裏山の奇人: 野にたゆたう博物学 (フィールドの生物学) 著者 : 小松貴 東海大学出版部 発売日 : 2014-08-06 ブクログでレビューを見る≫ アウトドアマンや猟師、隠遁者を描いた話が好きなので、タイトルに惹か… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「野生動物痕跡学事典」 感想

投稿者: | 2017-03-13

野生動物痕跡学事典 著者 : 門崎允昭 北海道出版企画センター 発売日 : 1996-12-15 ブクログでレビューを見る» 北海道の野生動物を同定するための、糞や(雪上などの)足跡、行動痕の見方。 学術的な本だけど、こ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「ヒグマそこが知りたい」 感想

投稿者: | 2017-01-25

ヒグマそこが知りたい―理解と予防のための10章 著者 : 木村盛武 共同文化社 発売日 : 2001-08 ブクログでレビューを見る» 長く林野庁に勤めた著者による、ヒグマとどうつきあうかの本。 山の領主はヒグマである(… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

蚯蚓 (「ミミズと土」 感想)

投稿者: | 2015-08-23

わが家の庭にはミミズがいない。 少なくとも庭主さんは、そう言っている。 ミミズは大事だ。 土を攪拌し、有機物を生み出してくれる。死してまた良質な肥料となる。 今年、初めて家庭菜園をやっているのだが、作物の「生り」が今いち… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (4)

「ミミズのはたらき」 感想

投稿者: | 2014-06-14

ミミズのはたらき 著者 : 中村好男 創森社 発売日 : 2011-10-24 ブクログでレビューを見る» 子供の頃はなんとも思わなかったけど、近ごろはちょっと触れないなあ、ミミズ^^;。 * ミミズ学の第一人者による、… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (4)

紋別岳

投稿者: | 2012-07-21

ギックリ明けで2週間ぶりなので(^^;、比較的短時間で登って降りられるヤマ、が本日のコンセプト。 続きを読む » てなわけで選んだのは、支笏湖そばにある紋別岳(865.6m)。 手頃なヤマではありつつ、NTTド… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

知床連山縦走・1日目(羅臼岳)

投稿者: | 2011-08-24

8月19日(金)。 道東の山・1日目であります。 (以下、超のつく長文) 続きを読む » 今回の行程は、岩尾別温泉の登山口から入り、羅臼岳(1,659.7m)に登って三ツ峰テン場で一泊、翌日硫黄山(1,662.… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)