歴史」タグアーカイブ

「海賊とよばれた男」 感想

投稿者: | 2018-07-07

「出光」をモデルに、石油を武器として大正~昭和の激動期を生き抜いたある男の一代記。 表紙を開けると、通常なら「本書にある人名・組織名はフィクションであり・・・」等と書かれている部分に、「この物語に登場する男たちは実在した… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「やさしい古文書の読み方」 感想

投稿者: | 2017-07-13

これも結局杉浦さんつながりなんだが、浮世絵のキャプションなんかがわかったら面白いなあ、と思って手に取る。 これ一冊読めば古文書がすらすら読めるようになる・・・わけはなくて、学習のサワリや勉強の仕方などを教える本。文例はそ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「音楽からみた日本人」 感想

投稿者: | 2017-06-17

日本人が作って来た音楽、日本人を作って来た音楽を語る。 「歌霊」「歌垣(あの子が欲しい~、の源流)」という習俗から始まり、日本的リズムや旋法(呂音階、律音階、民謡音階など)、日本の楽器など。教育現場における西洋音楽偏重へ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「幕末戊辰西南戦争」 感想

投稿者: | 2017-03-29

学研歴史群像シリーズのMOOK。 西南戦争のことをさっぱり知らないので少し勉強してみたいと思ったのが、早2年前。ようやくアウトラインは分かった。印象的だったのは長州のぬらりひょんぶり。その末裔が安倍である。 外圧の中で日… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「虚無僧」 感想

投稿者: | 2017-02-11

近ごろすっかり不読書シーズンに突入していて、さっぱり読書が進みまへん^^; ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (0)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「合葬」 感想

投稿者: | 2015-03-01

杉浦日向子さんシリーズ。 ※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)いいね! (2)

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「永遠の0」 感想

投稿者: | 2014-01-12

「海賊とよばれた男」という本が読みたかったんだけど、まだ文庫になっていないので(←貧しい)、同じ著者のデビュー作を選んでみた。 そしたら、最近封切られた映画の原作なんだそうだ。(←世間にウトい) ※独自の「いいね」ボタン… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)