歴史」タグアーカイブ

「バイエルの謎」 感想

投稿者: | 2019-04-17

バイエルの謎: 日本文化になった教則本 (新潮文庫) 著者 : 安田寛 新潮社 発売日 : 2016-02-27 ブクログでレビューを見る» バイエルと言えば、ピアノを習ったことのない人でも知っているピアノ教則本のいろは… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「鳥島漂着物語」 感想

投稿者: | 2019-03-30

新編 鳥島漂着物語 18世紀庶民の無人島体験 著者 : 小林郁 天夢人 発売日 : 2018-08-04 ブクログでレビューを見る≫ 江戸時代に、鳥島に漂着した人々の苦難を描く。 漁師ではなく多くは廻船の船頭や水主たちだ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編」 感想

投稿者: | 2019-03-17

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編 著者 : 安藤達朗 東洋経済新報社 発売日 : 2016-03-30 ブクログでレビューを見る≫ もともとは受験向けの参考書なんだそうだ。それをかの佐藤優さんが激賞し、監修・再… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「海賊とよばれた男」 感想

投稿者: | 2018-07-07

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) 著者 : 百田尚樹 講談社 発売日 : 2014-07-15 ブクログでレビューを見る» 「出光」をモデルに、石油を武器として大正~昭和の激動期を生き抜いたある男の一代記。 表紙を… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「やさしい古文書の読み方」 感想

投稿者: | 2017-07-13

やさしい古文書の読み方 これも結局杉浦さんつながりなんだが、浮世絵のキャプションなんかがわかったら面白いなあ、と思って手に取る。 これ一冊読めば古文書がすらすら読めるようになる・・・わけはなくて、学習のサワリや勉強の仕方… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「音楽からみた日本人」 感想

投稿者: | 2017-06-17

音楽からみた日本人 (NHKライブラリー) 日本人が作って来た音楽、日本人を作って来た音楽を語る。 「歌霊」「歌垣(あの子が欲しい~、の源流)」という習俗から始まり、日本的リズムや旋法(呂音階、律音階、民謡音階など)、日… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「幕末戊辰西南戦争」 感想

投稿者: | 2017-03-29

図説・幕末戊辰西南戦争―決定版 (歴史群像シリーズ) 学研歴史群像シリーズのMOOK。 西南戦争のことをさっぱり知らないので少し勉強してみたいと思ったのが、早2年前。ようやくアウトラインは分かった。印象的だったのは長州の… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「虚無僧」 感想

投稿者: | 2017-02-11

近ごろすっかり不読書シーズンに突入していて、さっぱり読書が進みまへん^^; 続きを読む » 虚無僧―聖と俗の異形者たち 尺八関係の本を何冊か読んだけど、そのつながりで。 虚無僧と言えば時代劇の剣客(隠密)のイメ… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (0)

「合葬」 感想

投稿者: | 2015-03-01

合葬 (ちくま文庫) 著者 : 杉浦日向子 筑摩書房 発売日 : 1987-12-01 ブクログでレビューを見る» 杉浦日向子さん。 まえがきに、志ん生のマクラとして「上野の戦争」の話が出てくるのですが、ハテ上野?東京の… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)

「永遠の0」 感想

投稿者: | 2014-01-12

永遠の0 (講談社文庫) 著者 : 百田尚樹 講談社 発売日 : 2009-07-15 ブクログでレビューを見る» 小説である。 お話はスターウォーズの着メロから始まる。零戦に乗り、特攻で亡くなった「祖父」について調べた… 続きを読む »

※独自の「いいね」ボタンです。このブログの中だけで有効で、害はありません(笑)
  • いいね! (2)