<< タイムトリップ | main | 春は近いのか遠いのか >>

2007/03/13 火

低体温症の恐怖

凍る体―低体温症の恐怖
山スキーに凝った著者24歳の時、モンブランの氷河でヒドゥン・クレバスに墜ちる。
16時間を経て奇跡的に救出されるが、呼びかけても反応はない。体温は28℃まで下がっていた…。

最重症(体温29℃以下)になると、生還はかなり困難になるという「低体温症」。著者自身が実際に踏み越えてしまった、その生と死の境界のお話である。

前半はそのモンブランでの事故から、蘇生・リハビリを経て約1年後に再び無意根山で滑るまでの物語。後半は、低体温症の学術的な説明と特にフィールドでの対処法がまとめられている(当然、読書スピードがガクっと落ちる(^^;))。

途中でキリスト教に対する信仰告白のようなくだりや、当時の彼女(今の奥様)への感謝の言葉などが挿入されて、感動的なようなこそばいような変な感じではあるが、低体温症の恐ろしさとともに、諦めないことの大切さ、そして再び滑れることの悦びがあふれていて、読後感は爽快だった。

あとがきにはこうある。
低体温症には、夏でもかかる(震えと眠気が同時に来たら危険サインと思え)。注意を怠るな。そして、雪山には一人で入るな…。

ちなみに著者は、苫小牧東病院の先生(副院長・循環器内科)である。

凍る体―低体温症の恐怖」(船木上総)山と溪谷社

Trackback URL


Comments

講演聞いたことがあります。
良く生きて、しかも社会復帰したと思います。
手稲の雪崩講習会にスケジュールのあう時に講演に来ていただいておりました。
うちの息子の同級生が川に落ちて低体温症になりましたが、今では元気に柔道をやっています。
その講演の時に例として話されていたので、終了後にボンちゃんが詳しい話を伝えておりました。
ところで、オレって平熱が低くて、35℃ソコソコしかありません。

低体温症というのは、35℃を下回ると(まぁ、コア体温のことなんだけど)症状が出てくる。ぼんやりしたり、ロレツが怪しくなったり…はっ、オレがボケているのはそのせいか!
先日、某スキー場でスキー場エリア内の林間パウダーで怪我をして、動けなくなり一晩そこで過ごした日本人がいたそうで。
一緒に来ていた人が帰ってこないとパトに捜索を頼み、見つかったのは次の日だったわけですが、当然、低体温症にかかっていて服を脱ぎ出したそうで。
怖いよねぇ。
でも服を脱いではいけないとわかっていても脱いでしまうもんなのでしょうね。
ルイヴィトン コピー品をご購入になる場合、ちゃんと届けますか?
普通、商品が届かない場合、原因が2つあります。
1.商品が在庫切れるのです。
2.商品が通関に止めれたのです
どうやって問題を解決しますか?
1.よく知っている店から買います。もしよく知っている店がなければ、とりあえず安い商品を買ってみます。相手の信用がわかります。もしその店の信用があれば、もっと高い商品が買えます。
2.前もっとお客様と商品が止められたことを説明した場合、再度商品を送るかどうか交渉してください。そうしたら、通関に止められることで起こったトラブルが避けられます。
3.万が一商品を再度出荷しないなら、まず店と交渉してみてください。
3もし騙されるなら、銀行カードが使えなくなるのは一番よく使っている方法です。
そうすると、店に大変損失を招きます。
弊店はコピー商品を取り扱うのは何年の経験がありまして、ずっと信用第一、お客様に満足させることを主旨とします。
ぜひご来店くださいませ。ホームページ:

Comment form